Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG SNS WORKS 未分類 注意しない世間に出す、僕コラム

noteの続け方、ブログの続け方



先日、「#note感謝祭」の1部に参加させていただいた。

画像1

すごく貴重な時間を過ごさせていただいた。

すごく重要なことや、これからこうして行こう、ああしていこうと言うことを、改めて気づかされた場面でもあった。

やはりキーは「有料コンテンツ」と、「優良コンテンツ」であり、いかにしてこれを今後課題にもっと記事を書いていくか、リライトしていくか?が重要である。

また、僕が良いな、と思ったのは、「#文藝春秋」で、その記事、ハッシュタグを使用すれば、文藝春秋に掲載される人物をこれからどんどん採用していこう、というものだ。

いかに最近、米津玄師じゃないが、ニコ生から出ました、みたいに、メジャーに上がる階段が多様化されたなあ、と思う。

このnoteや、個人ブログはいわゆるインディーズで、メジャーになるべくしてなった言った先が「左利きのエレン」などの、書籍化、というものだと解釈している。

要は文字界のインディーズでも、記事を販売して行けること、定期購読マガジン(通称月額課金コンテンツ)が可能になったのがnoteだ。

僕は2016年から、自分の旅ブログを書いていったのがきっかけですが、何がよかったかというと、デザイン性、シンプルかつ直感的な操作性である。

では、あまりテーマに沿って書くことはしないのだが、参加させていただいてので、

「どうしたら優良なコンテンツ書けるようになるか」

「どうしたらnote、ブログを無理なく続けられるようになるか」

「どうしたら、リライトをうまくしていけるようになるか」

を、単純に僕がやってるやり方を、(本当はマジで書きたくない)書いていきたいと思う。

音声入力を使用せよ!

 

皆さんはどうやってブログを書いているのか?おそらくキーボードであろうが、この音声入力を使用しているだろうか?

僕はちがいます、最近、もっぱら音声入力です。

Macのバージョンをアップデートするたびに、最初にこの機能がやたらついてくるので、面倒くさいなぁと思っていたのですが使用したことありますか?

それこそsiriが出始めた頃は、めちゃくちゃ感度が悪かったものですが、最近すごく感度が良くなっています。ただ残念ながらsiriを使う事はあまりないのですが、僕はこの機能を、もっぱらブログを書く際に使用しています。

これを使用するようになってからというもの、3000文字から5000文字の記事を書くのに約30分あれば書けるようにはなっていますね。

とにかく仕事の頭打ちのように、いろんなところで呟いていけば、それが記事の原型となって出てきますので、いろいろなやり方はあります。

では、どのように音声入力の場合、無理なくしていくか、です。

 

車の中でラジオを聞いて、とにかくつぶやけ!

 

よく、時々ネタ何かとかは、ラジオを聴いてその事を車内でひたすらつぶやく。これをくせにしていけば、自然と時々ネタを記事にしていくということが辛くなくなってきます。

例えば、今日のネタであれば、

「沢尻エリカが釈放され、慶應義塾大学病院の精神科に入院したと言う話ですが、私はたまにそこの精神科にお邪魔することがあるので、非常に面白いなぁと思いました。」

上記今音声入力で入れてみましたが、ここから派生していろんなことを呟けばいいだけです。

「慶應義塾大学病院、新しい病棟が最近できたばかりで、行けば非常に近未来の病院ですが、ここのどこにいるのでしょうか?」

と、くだらないところからつぶやきながら、逮捕された理由として、大麻、LSD、デザイナー、パトロン。

こう言う小テーマ が次々と出てくるので、それをお題として、ひたすらつぶやきまくってください。ノートパソコン、iPad、携帯電話の音声入力を駆使して、ひたすらつぶやきまくってくれれば、目的地に到着する頃には、文章となって、ある程度できています。

文章を続けていくときにに、一番苦になるものは、

パソコンの前に向かい合うこと、それに付随して身体をパソコンの前に長時間拘束される事、キーボードを叩き続けること、文章が浮かんでこないこと。

これらをひたすら簡略化したのが、僕が編み出した上記の車内で音声入力を使用し、移動中にひたすら時々ネタをつぶやきまくると言うものです。

(これ、あんまり言いたくなかったなw)

あと、ラジオと言うものがかなりキーになります。車内ではもちろんテレビも見れるようになっているのですが、ラジオと言うものは、パーソナリティーが発生する音声のみで、流行の音楽、その2つがキーパーソンになってきます。

単純にどういうことかと言うと、聞き手の想像力が膨らむと言うこと、視覚に左右されず、聞いたことをイメージングし、それによって伴う想像力がテレビよりも、大きく生み出されるのがラジオです。

視覚と言うものがすごく大事で、視覚は文章想像力を少し欠落させるところがあります。逆に視覚の創造を少し制御し、聞いているだけで想像力を膨らませる練習をさせてくれるのがラジオです。

ですので文章を書く人は、できるだけテレビよりラジオをお勧めしているのですが…

俺がラジオがすごいなと思うところは、パーソナリティーと言うのは声だけ文字だけ音声だけで、リスナーに届けなければいけない、理解されなければいけないと言うことで、これは本当に凄まじいスキルを要するのです。

でもこれを文章化すれば、少し同じように、読み手に伝わりやすい記事を書くことが可能になるのではないか?と考えたのです。

後はひたすらつぶやいて、文章力の頭打ちをやっているのです。これの前は思ったことや、その時感じたことをメモや音声入力で記録していたのですが、最近あまり見なくなってしまったのですよね。

僕のnoteの中にはたくさんの下書きがありますが、それらは全て音声入力で打ち込まれた、車内での頭打ちのつぶやきばかりです。

とにかく思ったことを、移動中、音声入力にて、頭打ち同じくとにかく呟こう。

ここがクセにになれば、後はもうほぼ楽勝の域に入ってきます。

逆に言うとここをクセにするのが慣れるまで辛いので、辛いなぁと思ったら即時止めて構いません、辛いことはしなくて良いです。

 

その音声入力で残ったものを、リライトしていこう!

 

タイトル通りなんですが、結構音声入力で残したものにもかかわらず、やはり感度的に、「ちょっとこれは無茶だなぁ…」と思うような変換がされている時が多々あります。

この変換ミスを綺麗に変換し、句読点を綺麗にし、読みやすいようにリライトしていく。

これをしていくうちに、リライトと言うスキルが自然と高まってきます。

厳密に言うとこれはリライトでは無いのですが、昔の記事を今風にリアレンジしていくのがリライトだと僕は思っています。いわゆる校正ですよね。

ただ、音声入力でつぶやいたことをとにかくきれいにしていく。書いたものの順序を入れ替えたり、読み手側に読みやすいように構成し直していく。

この音声入力で入れられた文章を、直していくだけで、無駄なくこのような直しののテクニックが身に付いてくるのです。

あと、公開した後に少しずつ直していけば良いと思っています。いきなり綺麗な文章にする必要性がないとお思うんです。修正効くんでここは気楽にガンガン多少間違った言葉とかも気にせず上げていきましょう。

 

記事が1枚でも売れたらやる気が出てくるので、売るように努力していこう!

 

noteには、「記事を売る」ということができる機能がついています。

また、画像や音声データも可能です。

言いたい事は、どのような形態でもいいので、まずは1つ売れることをしていこうと言うことです。

売れたことのある人なら分かると思うのですが、単純に1つでも自分が書いたものや得たものを販売し、それがお金になると言う事は、すごく継続する力が湧いてくると言うものです。

自分が書いたものがお金になる、これが1番のやる気が出てくる要因ではないでしょうか。

 

・まずはとにかく苦にならない程度で、優良なコンテンツを書いていく。
・noteのフォロワーを増やす。
・SNSのフォロワーも増やす。
・そしてSNSからの導入も増やす。
・最終的に記事をマネタイズする。

上記を心がけながら、楽しいnote、ブログライフを。

Bisei

 

↓登録して、時期をみてフリーランスになろう。






 

こちらも見てね!

no image

BLOG SNS WORKS 三十路、独身、デザイナー、男、飯。

2020/1/17

島人の誰もが熱く語るB級グルメ・石垣島のオニササ

「石垣島のB級グルメは?」と聞くと、「オニササ!」という人がほとんどだ。   オニササは好きなおにぎりとお惣菜をショーケースから選び、ビニールに入れ 合体させいただくスタイル、知念商会で販売されている。 小腹がすいたときに一人でも気軽に立ち寄れ、地元の人が通う日用雑貨と食品 の専門店、オニササは世代をこえて朝食、ランチ、夕食が購入できる。 しかもオニササは移動しながら片手で食べられる便利な携帯食。観光客を笑顔 にさせるB級グルメオニササは、忘れかけていた昭和を思い出させるおいしさ とぬくもり感が ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

2020/1/17

三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

「チャカ撃ちてえ」 そう思い、次の日に現嫁に言い、2016年末、気晴らしにフィリピンに来た。 都市はマニラのオルティガス。 近年、日本を含む多くの外資系企業が進出してきてるらしく、発展度合いが目覚ましい。 成長の空気を肌で感じる。 何か新しい刺激を得れられるかもしれない。 マニラは羽田から飛行機で5時間、寝て起きたら、あっという間に着く距離だった。 マニラの空港、ニノイ・アキノ国際空港は正直、発展途上国感満載で、 観光客をカモろうとする白タクや、ショットガンを携えた警備員など、 日本とは違う空気感に少々面 ...

BLOG SNS

2020/1/17

「男一人旅におすすめの国!30代からの一人海外旅行!」

男一人旅に行きたいけれど、どんな国がおすすめの海外旅行先かわからない。 そんな人のために、自分が行ったことのある国を中心におすすめを紹介していきます! 「男一人旅におすすめな国:タイ(バンコク)」 男一人旅にまずおすすめしたい国はタイです! タイはインドと中国に隣接している東南アジアの国です。 ・タイ(バンコク)男一人旅おすすめポイント タイにはショッピングモールで買い物や一人でも楽しむことができるグルメが満載です。 南国なのでフルーツが好きな方ならさらに楽しめるでしょう! ・タイでまず行くならバンコクか ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

2020/1/13

三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく ③

その②はこちら イタリアにツアーで行くと、ローマには行っても、その周辺の町に行くことはあまりない。 中には、ローマからは少し離れたチヴィタに行けるツアーもあるようだが、チヴィタは、天空の城ラピュタのモデルになったとも言われており、認知度が高まっているので、ツアーの日程に組み込まれるのも納得。 しかし、日本人があまり知らない街で、フォトジェニックな町や場所が、ローマ周辺には点在している。 今回は、ローマ周辺にある、あまり知られていない観光スポットを。 1.「Tivoli」ティボリ イタリアで最も美しい噴水庭 ...

BLOG

2020/1/13

有料note更新 [有料マガジン] 昨年頼まれた投資案件から2020年、僕的始めるべき副業、職業ベスト5

ども。 今回は、タイトル通り、今年一番伸びる、やるべき仕事ベスト5を実体験で書いていきます。自己啓発、そして周りに啓発も込めてです。 目次 1.そもそも論を考えろ 2.継続するためには努力と根性ではなく、継続 3.実際投資した、自分も始めたすぐ始められる2020、仕事or副業ベスト5 4.いやいやしかし…という人は絶対潰れていく、バカになれ。 5.手っ取り早く、やる方法、早い話が軽いチートを教えます 6.最後に、自分が自分で、いられる様にするには 僕はデザイナー業務をしているが、それだけと言うわけではない ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, SNS, WORKS, 未分類, 注意しない世間に出す、僕コラム
-,

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.