どうも。

先ほど久々に部屋の模様替えをして、少し使いやすくしました。

結婚してから、部屋がなかったのですが(前の家は1LDKという名の、縦に長い3階建てのワンルームみたいな壁がない部屋ででして)、中古分譲による立ち退きがありました。それにより「買うか出てくか?」と言われ、

「出るに決まってんだろうがあぁぁぁぁ!」

と、4年住んだ家をサクッと出て行ったわけです。

交通事故にて立派な障害者、足が悪くなり、メゾネット(正確にはトリプレット+屋上)物件は流石にもうきつい。

と思い、出て行こうとなりました。

まあ場所もいいところであり、あまり良くない、そんな場所でしたが、如何せん4年住んだ思い入れはかなり強いものがあります。

しかし!犬猫によりボッロボロになってしまいました。

なので、”原状回復不要”という言葉にかなり魅力を感じましてね。

不動産仲介業って、いい仕事ですよねえ。

原価も何もかも他人任せの、腐るような在庫もなく。

店舗に一人でしょうか、国家資格の人を置いて、重要説明の時にしっかりした説明をして、家賃1ヶ月分、あと礼金少し。

いい商売だなあ。

まあ人生で、”立ち退き”ということが人によってあるのかないのかは定かではないですが、今日はそんな”立ち退き”にまつわる実体験した話。

そんなぼろぼろの部屋、そろそろ出て行こうか、という話をしていた時でした。

まあ、事故の話が現在(2019年11月時点)で、また裁判になって今2回目、という感じです。

その事故の金で買えたらいいねえ、というか買わなきゃ今後体がやばいよねえ、という話をされていました。

まあここまで保険屋が入ってて、障害者になったにも関わらずごねられるとは1mmも思いもしなかったので、東京○上とは本当ヤブ保険会社だ。

そんなヤブ不動産会社がいました。

前の物件の、僕たちを出ていかせた不動産会社です。

実はこの建物、しょっちゅうオーナーが変わっていました。

最初借りた時にリ○ルート、そこから○和リビングとなり、管理はその下の大○エステート、そして最後出ていく時にはサン○ーホームズ。

このサ○ヨーホームズという会社、最近そこらじゅうのデザイナーズ物件を買い占めて、リノベして分譲として販売する、という事業に力を入れているようです。

まあまあそれはともかく、私が住んでいたその物件は、

・登記可能
・ペット可能
・屋上でバーベキュー可能

という、まさに”独身男女の自営業がこじらせたその先”に住むために、できた賃貸でした。

もしくは小さい子供がいる夫婦、子供のいない夫婦。

画像1

全ての入り口が写真のような感じのため、皆が挨拶をし、仲が良かったです。(あ、え、ここ…と思う方は、あ、どうも!)

で、まあ昨年12月に、自由が丘の不動産屋が夕方自宅を訪ねてきまして、

「今回、不動産管理やることになりました〜」

と、”更新拒絶通知”というものを持って挨拶にやってきました。

ある日突然やってくる、更新拒絶通知と言う名の立ち退き

 

 

この続きは、こちらでどうぞ。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です