Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG 仕事とか、仕事関係とか、その他 注意しない世間に出す、僕コラム

謹賀新年2020




ども、岩本です。

さて、今年も明けました。今年もよろしくお願いします。

2020年ですね。早いっすね。

1980年生まれの僕は読み方が早いのですが、40の年です。

男40の前厄、占いだと空亡(いわゆる大殺界)なのに三合が合わさる年という面白い年です。

節分過ぎに妻と厄除にでも行こうと思っていますが、今年の抱負としては

「無理せず、頼る、期待はしない」

この3ヶ条を守っていこうと思います。

詳しい話はこちらで会員に話していきます。

さて。

実は年末に風邪をこじらせていまいまして、その中で年の瀬の、くるわくるわの荷物の嵐。

昔、会社を明けてまもなくのときに、会社で、といっても南青山のワンルームマンションの一角の8畳部屋に机を三台並べ始まった、僕の最初の会社。

「ウォーターサーバー置いたらMacが安く買える」

という理由で導入したウォーターサーバーだが、置き場所がなくて困っていた。

その時、警備会社の重役(僕が飲み屋で知り合ってから、歳を超えた付き合いをしてる柔道していたバリバリの体育会系の人)が、うちの会社に訪れた。警備の機器を設置してもらうときに、社員の人ときてくれた。

設置の際にウォーターサーバーをどこにおこうか悩んでた社員さんに、その重役さんが

「入り口におけ」

と言って、僕にこう言った。

 

「お前の仕事は運送屋が出入りするから、出入りする運送屋の人に、配達に来たらこの水飲ませてあげなさい」

 

と、言っていった。

確かに、あったところで、水のストックはいつも月のミニマムも甘らしている状況だった。

何かを感じた僕は、その日から僕は、くるSやKの人達に、サイン後に

「お疲れ様です、暑い中すいません!これ、カッと飲んでってください」

と、水を一杯渡すようになった。

そしてそれは今になる。

 

最近、その人に会うタイミングがあったので、会社に向かった。まあ単純にその会社が少しうまくいってないことを聞いてて、占い好きなその人に、穴八幡の一陽来復の札を渡しに行こうと思ったのだ。

その人は質実剛健な人で、僕が来たから喫茶店いこうなんてタイプではなく、「おい、喫煙室行こうぜ」というような人であった。

タバコを吸っててこう切り出してきた。

 

「おい、運送屋に水やってるか?」

「はい、妻ができてからウォーターサーバー8年目にして家も会社も解約しましたけど、小さいサンガリ○の炭酸水置いて、来たら一本渡してます。」

「お前はずっと変わらんな。」

「そうですか。」

「そう、今日もくるときコーヒー俺と自分の買ってきたやろ」

「はい。」

「こういうことよ。人は所詮人の付き合い、人の家訪ねる時も何か手土産持っていく、それは背伸びしなくていい、その時の自分の身の丈で。仕事中ならこれが最高だ、タバコを吸いに行けるからな。」

「はい。」

「お前、こっちきてしばらくして運送屋でバイトしてただろ?その時自分みたいな人いた?」

「いなかったすね。」

「だろ?いたらどう思う?」

「丁寧になりますよね。」

「そういうこと。わかるよな。」

「はい。」

「続けろよ、安いもんや。それがいつかまたどこかで繋がる。まあ今はコンプラ重視だから受け取るな!って指示くるかもだけどな!」

「かなりその可能性高いですよね。」

「おー、いいも悪いも変な時代になったな…そんなかでお前が水やってた配達員が、お前みたいにどこかで会社始めて、どこかでお前と会った時、今のお前の辛いのを見たら、あの時の水返してくれる人になるかもしれん。別にそこに期待をするわけじゃない、いいか、ずっとそのままでいろよ。あとあまり人を恨むなよ。」

「はい。」

 

僕はどこかでこれを忘れていた。

僕の会社に出入りしたことある人ならばわかるだろうが、僕はとにかく中や外で、運送系のお兄様方、お姉様方からよく声をかけられたりしてるのを。

運送、詰まるところ物流とはその会社の景気を表す、出入りが激しければ単純に「勢いがあるな、この会社」と思う。

その出入りする人に、ましてや物流が今大変な時代に、水飲む暇すらないんですよね。

あなたが水飲ませてくれたら嬉しいですよね。配達して、水飲ませてもらって。

街でいつも応対してくれる人見たら、近ければ挨拶しようと思いますよね。頭ちょこんと下げますよね。

人は、人で泣かされ、人で笑わされる。

どこで、なのかなんてわかったら、苦労しない。

そのためにも、常日頃、何かどこかで人に与え続けていれば、冬はいずれ春になる。

2020、張り切って参りましょう。

Bisei

 



こちらも見てね!

no image

BLOG SNS WORKS 三十路、独身、デザイナー、男、飯。

2020/1/17

島人の誰もが熱く語るB級グルメ・石垣島のオニササ

「石垣島のB級グルメは?」と聞くと、「オニササ!」という人がほとんどだ。   オニササは好きなおにぎりとお惣菜をショーケースから選び、ビニールに入れ 合体させいただくスタイル、知念商会で販売されている。 小腹がすいたときに一人でも気軽に立ち寄れ、地元の人が通う日用雑貨と食品 の専門店、オニササは世代をこえて朝食、ランチ、夕食が購入できる。 しかもオニササは移動しながら片手で食べられる便利な携帯食。観光客を笑顔 にさせるB級グルメオニササは、忘れかけていた昭和を思い出させるおいしさ とぬくもり感が ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

2020/1/17

三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

「チャカ撃ちてえ」 そう思い、次の日に現嫁に言い、2016年末、気晴らしにフィリピンに来た。 都市はマニラのオルティガス。 近年、日本を含む多くの外資系企業が進出してきてるらしく、発展度合いが目覚ましい。 成長の空気を肌で感じる。 何か新しい刺激を得れられるかもしれない。 マニラは羽田から飛行機で5時間、寝て起きたら、あっという間に着く距離だった。 マニラの空港、ニノイ・アキノ国際空港は正直、発展途上国感満載で、 観光客をカモろうとする白タクや、ショットガンを携えた警備員など、 日本とは違う空気感に少々面 ...

BLOG SNS

2020/1/17

「男一人旅におすすめの国!30代からの一人海外旅行!」

男一人旅に行きたいけれど、どんな国がおすすめの海外旅行先かわからない。 そんな人のために、自分が行ったことのある国を中心におすすめを紹介していきます! 「男一人旅におすすめな国:タイ(バンコク)」 男一人旅にまずおすすめしたい国はタイです! タイはインドと中国に隣接している東南アジアの国です。 ・タイ(バンコク)男一人旅おすすめポイント タイにはショッピングモールで買い物や一人でも楽しむことができるグルメが満載です。 南国なのでフルーツが好きな方ならさらに楽しめるでしょう! ・タイでまず行くならバンコクか ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

2020/1/13

三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく ③

その②はこちら イタリアにツアーで行くと、ローマには行っても、その周辺の町に行くことはあまりない。 中には、ローマからは少し離れたチヴィタに行けるツアーもあるようだが、チヴィタは、天空の城ラピュタのモデルになったとも言われており、認知度が高まっているので、ツアーの日程に組み込まれるのも納得。 しかし、日本人があまり知らない街で、フォトジェニックな町や場所が、ローマ周辺には点在している。 今回は、ローマ周辺にある、あまり知られていない観光スポットを。 1.「Tivoli」ティボリ イタリアで最も美しい噴水庭 ...

BLOG

2020/1/13

有料note更新 [有料マガジン] 昨年頼まれた投資案件から2020年、僕的始めるべき副業、職業ベスト5

ども。 今回は、タイトル通り、今年一番伸びる、やるべき仕事ベスト5を実体験で書いていきます。自己啓発、そして周りに啓発も込めてです。 目次 1.そもそも論を考えろ 2.継続するためには努力と根性ではなく、継続 3.実際投資した、自分も始めたすぐ始められる2020、仕事or副業ベスト5 4.いやいやしかし…という人は絶対潰れていく、バカになれ。 5.手っ取り早く、やる方法、早い話が軽いチートを教えます 6.最後に、自分が自分で、いられる様にするには 僕はデザイナー業務をしているが、それだけと言うわけではない ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, 仕事とか、仕事関係とか、その他, 注意しない世間に出す、僕コラム

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.