Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG 三十路独身男一人旅(海外編) 男一人旅、現地集合にてタイに行く。

男一人旅、現地集合にてタイに行く その⑦(総括編)

⑥はこちら

(2019/12/15 再更新)

6日目、タイ最終日。

いつもの時間に起き、いつもの場所に朝食へ。

この高架下が種類が豊富。

 

ガパオ的な米、フォー的なサムシングにパクチーを山もり。

これがラストかと思うと寂しい気分。

ホテルに戻りファイナルプール。

 

 

このプール好きだったなあ…

 

 

この日は曇り、気温も低め。

 

 

ホテルをチェックアウト、デポジット2000バーツに追加で400バーツ弱を支払い完了。

さてでは空港までの帰り道をおさらいしてみましょうか。

まずはプルンチット駅までホテルのトゥクトゥクで。ドライバーに「また来るね!」と伝え降りる。

 

 

この自販機でパヤタイまでの切符を買いましょう。

 

 

これが切符です。

 

そしてパヤタイに着いたら、空港で使う必要最小限のお金以外を日本円かUSドルに切り替えましょう!日本や他の国でバーツ換金は非常に悪いです。(有名な紫の両替所があります。空港まで行くとかなりレートが悪くなりますのでご注意!)

次はパヤタイからスワンナプーム国際空港までのエクスプレスラインのチケットを買いましょう。

 

タイ語だと正直何を書いてあるのか意味不明なので、ランゲージをEnglishにすると分かりやすいと思います。

これが切符です。記念のコインではないので要注意です。

そのまま乗ってるとスワンナプーム国際空港に到着します。

便を確認したら、タバコを吸いに行きましょう…

曇り空が晴れてきました、出てけと言わんばかりです。

一路、クアラルンプールに。

では、総括を書きましょう。

タイの旅 総括

羽田国際空港ースワンナプーム国際空港ークアラルンプール国際空港ースワンナプーム国際空港ー羽田国際空港

航空券 87000円(エコノミー1ヶ月前FIX変更不可)

これはもう少し早く取っておけば(3ヶ月前FIXとか)かなり安く上がるのではないだろうか。日本ータイなら5万円くらいであろうか。しかしタイ国際航空、僕的にはあまりオススメしない。飯はまずい、座席間隔が狭い、安い並みに客もそのレベル。言い過ぎかもしれないが素直に感想を書いたほうがいいと思った。逆にマレーシア行きの時、帰りのほうが会社員が多かったからか品が良かった。そしてなんならマイルがつかなかった。慰謝料くれ。次使うなら間違いなくANAかな。ちなみに下の写真は帰りのスワンナプームー羽田間のミール。マズイ。

宿泊費 The AETAS bangkok (ジ・イータス バンコク)

5泊6日 34800円(朝食なし)

これはかなり妥当に安い。イータスは日常会話及び中学英語が喋れるならオススメする。日本人対応スタッフがいない。あまり日本人がいない。チェックインの時カードか現金でデポジットの2000バーツを預ける。使わなければチェックアウトの際戻ってくる。全体的に綺麗で、清潔感もあり申し分なし。ホテル内全てWiFi完備。国際ルーター必要なしの申し分ないスピード。立地について、歩くのが苦痛でなければいいと思う。プルンチットまで無料トゥクトゥクあり、そこからナナまでは渋谷駅から道玄坂上くらいをイメージしてもらえれば幸いだ。僕は苦痛を感じることがなかった。再訪ありのホテルである。

食事代

35000円くらい。

屋台で全日済ませていればここまでも行かない。全く問題がない。要は付き合いで行ったソンブーンや他レストランが高かった。朝飯は記載の通り近くの屋台で毎朝済ませていた。

交通費、アユタヤツアー代金

5000円くらい。

大体メーターを回されないので、交渉から始まる。200バーツで事足りる。逆に遠くても200バーツで大丈夫だった。アユタヤも記載通り仲間とチャーターを人数割りしたので非常に安く上がった。ここら辺はあまりケチらないほうがいいと思う。バイクタクシー、トゥクトゥク、タクシー、使える分は使ったほうがいい。BTS等は使っても40バーツとかなので知れてる。

あと、このCMを見てからメーター回してと言えなくなった。

 

遊び代(お土産、ムエタイ、飲み代やエロ系の店の飲み代)

45000円くらい。

ムエタイは高い。値切るべし。また、普通にコンビニで飲んでると、そこらのバーで飲むのも高く感じることがある。ゴーゴーバー等に行く分、飲む分にはあまり使わないが、そこからお姉ちゃん遊びするなら+倍くらいであろうか。今回、エロ一切なかったのでこれで済んだ。

大体上記の金額だ。少々使いすぎな気がせんでもないが、正直タイはインドネシアやマレーシアに比べると決して安くない!

タイ=安い の時代は終わったと思う。

ただまあ三十路独身男がたまに行くタイで使う分にしては安いと思うよ。また今からバーツ安になるから行く分にはすごくいいと思う、今だとも思う。

総評

タイ、再訪あり!

と言っていたら7/21〜またM氏、広告代理店の方、カメラマンの方等で行くことが決定した(笑

というわけで”男一人旅、現地集合にてタイに行く②”が決定しました。

タイは…「堕落しながら仕事について考えさせられた街」だった。仕事があるありがたみがわかる街である。日本人男は特に。

タイに行くために働く人も多いと感じた。堕落するために働き、働くために堕落する。

タイ、またね。

 

男一人旅、現地集合にてタイに行く

 

 

他の旅はこちらからどうぞ

男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた。

男一人旅、仕事も兼ねてニューヨーク(NY)に行く。

男一人旅、おひとり参加限定の旅を使いオーストラリアに行く。

男一人旅、仕事を兼ねてベトナムに行く。

男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた。 その2

(僕が海外旅行の際に、よく使うサイトは以下のサイトです。今すぐ飛び立てばいいじゃん。)

こちらも見てね!

BLOG SNS YouTube

2020/3/30

志村けんさん、心よりご冥福をお祈りいたします

今日の動画。編集なしのVLOGです。2020/3/30 VLOG 志村けんさん、心よりご冥福をお祈りいたしますhttps://youtu.be/_23mirz1p4g いいね、チャンネル登録…できたらで構いません、今日はもういいや…

BLOG SNS WORKS 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/3/30

芸術に対するあまりにも理解のなさを理解しといた方がいい〜一ヶ月後の30万よりも、今は今日明日にもらえる1万円の方が強い〜

  ども 少し毒舌になるので、今月のこちらで。 (有料ですが、有料部分、残りほぼありません、つまり無料です。いいなと思ったら気持ち投げ銭でもしてください) さて、タイトル通りなのだが、みなさんはどうお考えだろうか? 今回、これから先どうなっていくのかを確認していく必要性がある。 まず、そもそも論で、もう接客業系、販売系、またそれに付随するメーカーや卸業者など、致命的かつ即死的ダメージを受けてるところであろう。 そのようなところに一番必要なのは、 「即日性の資金」 である。ここを国はよく理解してい ...

BLOG SNS YouTube

2020/3/29

【メンター】岩本が信じている占いと、崇拝神社【スピリチュアル】

今日の動画はこちら! 占い好き必見 【メンター】岩本が信じている占いと、崇拝神社【スピリチュアル】 https://youtu.be/mTBlvytFXQI いいね、チャンネル登録是非お願いいたします!  

BLOG SNS 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/3/26

申し込んだら実は横領された事により信用情報がブラックだった俺が、コロナ融資の為に政策金融公庫に面談に行った話

タイトル通りなのだが、正直我々のような人間、企業してる人間、そして人を雇用している中小企業の社長にとって、今一番欲しいのは、 「コロナが収束するまでの運転資金」 ではないだろうか。 そう、僕もその一人である。 いくら一人でやっている、他の仕事は全てアウトソーシングしている、とは言え、 ・在庫商売であること ・展示会ベースで販売しているが、その展示会が軒並中止、延期 どこで売れっちゅうねん。 また、この事情により、世界中の小売店自体が購入を控えている状況で、EU、アメリカを中心にしている僕の商売も上がったり ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、「マレーシアに移住調査」という名目で観光に向かう

2020/3/24

三十路男一人旅、「マレーシアに移住調査」という名目で観光に向かう ⑤ 総括編

④はこちらか画像をクリック 今回は4泊6日でペナン、クアラルンプール、マラッカを回るマレーシア調査旅行に行ってきた。 旅程から費用などをまとめながら今回の旅行を振り返っていこうと思う。 旅程 1日目 移動日 成田空港発で香港経由で(トランジット7時間)クアラルンプールへ 深夜に到着し、バスでペナンへ 2日目 ペナンのジョージタウン観光 朝ペナンに到着。世界遺産のジョージタウンで観光。 ストリートアートとワイヤーアートを楽しむ 夜飛行機でクアラルンプールへ。 3日目 クアラルンプール観光 バトゥ洞窟・セント ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, 三十路独身男一人旅(海外編), 男一人旅、現地集合にてタイに行く。
-

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.