Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG 三十路独身男一人旅(海外編) 男一人旅、仕事を兼ねてベトナムに行く。

男一人旅、水曜どうでしょうでもないのに、仕事を兼ねてベトナムに行く。③

遅くなりました。。。

②はこちら

さて。

記憶を写真と辿ろう。

朝起きて、「なんもねぇな〜」と思い、パソコンでメールを処理し、近くのカフェにスクーターで行った。

(ここね)

そこに日本人のおじさんがいて、日本語で「君日本人?」と聞いて来た。

「はい」と答えると、「この店、カレーがうまいよ」と言ってくれた。

うん、確かにうまい。

これが写真に写っているということは、食べたのだろう。

そのおじさんと喋っていたら、「今日、ホイアンやっぱ行くの?」と言って来た。「ホイアン?」という僕に「え?」という感じで。

その時初めて「月に一度のランタン祭り」がある、そしてそれが今日だ。ということを知った。

「バイクでいけます?」と聞くと、「余裕〜。1時間くらいかな?バイクの方が早いよ!街の中の黄色い建物の横の駐車場が安いし近いよ!」」

と。

「ついでに五行山も行ってきなよ!」というので、単純に「じゃあ行くか」である。幸い仕事はメールを捌いた所で終了している。

では、ここから私が行った道を公表する。

この写真の、僕が泊まったホテルから、ひたすら大きい海岸線の道を南下。

この交差点を右折、すぐわかると思う。駐車場はそこらへんの売店みたいなところに聞くと、お金(確か5万ドンとか)はらえば駐車させてくれる。

で、五行山に登ろう。

ここから登るんだけど。。。

言ってもその横に上まで行くエレベーターがあるんですよね。。。問答無用エレベーターに。確か15万ドンとか。歳なんで、ここはこれで行きましょう。

ガラス張りのエレベーターに乗り。。。

一気に上までワープしました。

なんかまあ、観光地って感じ。。。

そしてさらに登って行く。。。

すると

何やらすごーく足場の悪いところに来ました。

ここ、僕からですが要注意です。もしこの上に行こうと思うのであれば、スニーカー等を履いて行ってください!

そして行き着いたとこには。

なーむー。なんだったんだあの苦労は。。。

さらに進めますので進みます。

すると大きな洞窟が出て来ます。

う〜ん。大きい仏像。

せっかくなので参って下山。

そのままバイクでホイアンに向かいます。

「黄色い建物の横の駐車場が安いし近いよ!」と教えられました。

迷うことなくバイパスから直線で向かうこと約1時間。

ホイアンつきました。が、どこもかしこも黄色い建物だらけやんけ。

そしてまあ日本人の多いこと!

ホイアンは昔、日本と繋がりがあったらしく、日本橋と言われる橋や、

このような提灯も見られます。

日が暮れるまで、街中をブラブラしてました。

途中で疲れたので、カフェに入りました。

The Chef

1階が本屋さんなので気をつけてください。

正直この時何を食べたか覚えていないんですが、ゆったりと日がくれて行くのを待ちました。

日がくれてきたので、街に出ました。正直、昼とは雰囲気が全然違います。。。

灯篭を流しました。確か5万ドンくらいでした。

ランタンはめちゃくちゃ綺麗です。何度買おうかと思ったか!(今度行く時は大量に買おう)

しかし、帰りの渋滞がこういう時は確実に始まるので、早めにホイアンを脱出しましょう。。。

やべえ、もう始まり出していたか。。。

巻き込まれながら、真っ暗な道をひたすら北上し、無事1時間でダナンに戻ってきました。。。

帰り道、ドラゴンの橋を渡りました。橋の途中がカップルスポットになってるのか、地元の人、旅行客、所構わず橋の上でキスしまくってましたね。。。

こうして3日目の夜は更けて行くのでした。

④に続く。

※考えてみれば1年以上前の記憶と写真を思い出しながら書いています、今後もっとこまめに書くようにしなければ。。。

 

こちらも見てね!

BLOG SNS うつ病かな、と思ったら読む話 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/2/25

うつ病かな、と思ったら読む話 人生復活せよ ① ~落ちるとこまで落ちたらいい。~

これは、事実体験談を下に書いているので、心当たりがある方に読んで欲しい。 僕は2015年、交通事故と、仲間の裏切りにより非常に落ち込み、ダメージを受けた。 そこで、自分がどう今までに復活して行ったか、自分流の荒療治、とまでは行かなくても、自分の「うつ病の直し方」をここに書いていこうと思う。 僕がうつ病になった原因因子の一つが金だ。と言うか、事故で失った左足以外で原因となるのはそれだ。要は「金」か「体」「家」と、大体この3つでははないかと思う。 まず、金がない。 金が、とことんない。 1億近くあった個人口座 ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/25

僕の車歴 20 アウディQ7 2008

僕の車歴 20 アウディQ7 2008 当時330万でなんとヤフオクで買いました。 3列欲しいな、と思って買いましたが、出したことは1回だけ。 この年代のアウディには珍しいキーレス、サンルーフ付き。 引っ越した時、その家の前に入らなくて交換的に売却…色は白。 トゥアレグの方が…  

BLOG SNS WORKS

2020/2/23

MIDO 2020 延期発表

楽しみにしていたメガネの展示会、イタリアのMIDOが中止(延期)になりました。 当然と言えば当然の結果ではあるかもですが、今年MIDOは50周年なので、大きくやるためにも控えたいのは少し見習うべきでは。 と言いつつも、そこまでにかけた金を切る勇気はなかなかすごいなあ。

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/22

僕の車歴 19 フォード ファルコン 1966

僕の車歴 19 フォード ファルコン 1966 セカンドカーとして当時120万で買いました。 この時代のアメ車としては大きさが大きくないので結構都内助かりましたね。 件があったため、資金難にて売りに出しました…色はまさにこの色。

BLOG SNS 仕事とか、仕事関係とか、その他 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/2/22

「日本のバイヤーはバイヤーではない」と言った外人の言葉の意味

前回の記事から、続きの内容になる。 さて、タイトルは、とある展示会で、他のブランドのデザイナーと話してる時に言われた言葉だ。 「日本のバイヤーはバイヤーではない」 この意味がわかるであろうか。 さて、今日、 「新しいブランドを立てようぜ!」 と、意気込んでる若者等のデザインをみると、尖ったものから、落ち着きすぎたものまで様々である。 その中で、とある講師をしていた時に、一人の若者が終わりの時に、僕にこう聞いた。 「「日本で売ろうとしたら、どぎついものは作っても売れないからやめておけ」って、先生に言われたん ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, 三十路独身男一人旅(海外編), 男一人旅、仕事を兼ねてベトナムに行く。
-

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.