Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG 三十路独身男一人旅(海外編) 男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた その2

男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた その2 ④

(2019/12/15 再更新)

③はこちら

更新が遅くなったのはOSをSierraに上げてからパソコンが重くなったともっぱらの噂。

5日目

この日は朝早く起きて噂のレンボンガン島に行ってきた。

VELTRA経由のバリハイクルーズにて、ホテルに送迎をつけてもらい行ってきた。

 

このような愉快な車に乗せられます。

同乗の大陸の方が大幅に遅刻しドライバーさんが「申し訳ない」と言っていたので「大丈夫ですよ〜」と眠い中起きたのは一体なんだったんだろう、と思いながらブノアの港に向かう。

バリハイクルーズの船の乗り場はこんな感じ。トイレも比較的綺麗です。

コースによって色が違うんだと思うが、僕は青色でした。なお優先順位があるらしく、色別に先に乗るとかあるらしいです。ちなみに僕のコースは日帰りコース。

乗船です。強制的に記念撮影されます。帰りに掲載して購入を促してきましたがいらないなと思いました。

船は生演奏を流しながら向かいます…僕だけでしょうか。約1時間。

酔いました。

そして水の色がだいぶん変わってきたなと思うと、到着です。

まずはバリハイクルーズの浮島で下ろされます。ここを拠点としてアクテビティ別に色々分岐されます。(他の浮島は他の会社のやつですので間違えないように!)

さらっとアクアノットかましました。日本人の初老夫婦とその娘が一緒でした。写真はまた買わされます。買いませんでしたが。

そのままボートで島の方に移り、クルーズのビーチに向かいます。

プールバーに移り飲んでいました。

その時先ほどの日本人の初老夫婦とその娘の、娘と奥さんが来て「あの〜すいません、この場所カード使えなくて、日本円ルピアに1万円くらい換金できますか?」と聞いて来る。結構換金してた自分は「大丈夫ですよ」と1万円を1,300,000ルピアという素晴らしいレートで交換。すると「すいません、もう一つお願いがあるんですが…」と、何かと聞くと「パラセーリングしたいんでカウンターで喋ってくれないか」とのこと。分かりましたよと受付にて

「パラセーリングしたいんだけど。」

受付の兄ちゃん「あ〜さっき壊れたから無理だわ〜」

「さっき壊れたから無理らしいです」

「え〜!これ楽しみできたのに!」

と、怒りを僕に当てて来たんですがそれはどうしようもない…というかそんな簡単に壊れるんか?と思いながら、しばし寝てBBQランチ。

まあまあ離島にしてはうまい。食べ放題だし。飲み物は別注ですが。肉、魚、フルーツ、パン、デザートがブッフェスタイルで食べ放題です。またこの時ジンバランよろしく生演奏来ますが、頼むと演奏後に金をせびられるので自己責任でお願いします。

ぶらっと島を歩きながら、ビーチで「どうしようかな〜」と思っていた矢先。

15:00に浮島集合のその時14:00、受付のカウンターに荷物を取りに戻ると、20歳くらいの日本人女2人組が「パラセーリング」とか話している。えっ、できるの?と聞いたら

「さっき直った」

・・・・・・

そしたらその後に、博多弁の美女2人もパラセーリングするということで、じゃあ俺も…と美女4人におっさん1人と言う構図でボート出発!壊れて直ったとかいう怖さも日本人の女がいるならなんのそのw

人の見てて「こわいな〜」と思ったのですが僕の番です。(ちなみに超高所恐怖症)

俺、飛んでます。絶景で絶叫です。

これはやらないとわからないだろうな〜。なので是非行ってください。故障に注意。

まあこの後お互いLINE交換して、浮島に戻ったら先ほどの日本人の初老夫婦とその娘がいて、「え〜パラセーリングやったんですか〜!」と気まずい雰囲気に若干引け目を感じつつも、船は帰路につきます。

帰りは正直、船内で爆睡していて起きたらついた感じでした。そのままバリハイクルーズの車に来たメンバーと乗せられホテルに帰還。

少し疲れたのでスパに行く。

ホテルから近いルヴィアスパ。

(リンクはVELTRAになってますが、直接行ってOKでした)

2時間で確か600,000ルピアとかそんな感じだった気が。

そして体も楽になったところでバイクでスミニャックに向かい、適当なワルンに入りました。

Warung Ladhu

入口でスイーツが並んでるお店です。

ここでナシゴレン、麺を食べます。(麺の名前は忘れました…)

値段も手頃で、店内も綺麗で落ち着けるワルンです。再訪アリ。

最終日1日前なので、このままレギャン通りに出てビンタンスーパーに行き、お土産を購入。

お土産はここで十分だとつくづく思う。

こうしてバリの夜は更けて行き、ホテルに戻ったら疲れて爆睡してしまいました。

レンボンガン島、いいと思います!

⑤に続く
前回の 男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた はこちらから。

(僕が海外旅行の際に、よく使うサイトは以下のサイトです。今すぐ飛び立てばいいじゃん。)

こちらも見てね!

BLOG SNS うつ病かな、と思ったら読む話 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/2/25

うつ病かな、と思ったら読む話 人生復活せよ ① ~落ちるとこまで落ちたらいい。~

これは、事実体験談を下に書いているので、心当たりがある方に読んで欲しい。 僕は2015年、交通事故と、仲間の裏切りにより非常に落ち込み、ダメージを受けた。 そこで、自分がどう今までに復活して行ったか、自分流の荒療治、とまでは行かなくても、自分の「うつ病の直し方」をここに書いていこうと思う。 僕がうつ病になった原因因子の一つが金だ。と言うか、事故で失った左足以外で原因となるのはそれだ。要は「金」か「体」「家」と、大体この3つでははないかと思う。 まず、金がない。 金が、とことんない。 1億近くあった個人口座 ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/25

僕の車歴 20 アウディQ7 2008

僕の車歴 20 アウディQ7 2008 当時330万でなんとヤフオクで買いました。 3列欲しいな、と思って買いましたが、出したことは1回だけ。 この年代のアウディには珍しいキーレス、サンルーフ付き。 引っ越した時、その家の前に入らなくて交換的に売却…色は白。 トゥアレグの方が…  

BLOG SNS WORKS

2020/2/23

MIDO 2020 延期発表

楽しみにしていたメガネの展示会、イタリアのMIDOが中止(延期)になりました。 当然と言えば当然の結果ではあるかもですが、今年MIDOは50周年なので、大きくやるためにも控えたいのは少し見習うべきでは。 と言いつつも、そこまでにかけた金を切る勇気はなかなかすごいなあ。

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/22

僕の車歴 19 フォード ファルコン 1966

僕の車歴 19 フォード ファルコン 1966 セカンドカーとして当時120万で買いました。 この時代のアメ車としては大きさが大きくないので結構都内助かりましたね。 件があったため、資金難にて売りに出しました…色はまさにこの色。

BLOG SNS 仕事とか、仕事関係とか、その他 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/2/22

「日本のバイヤーはバイヤーではない」と言った外人の言葉の意味

前回の記事から、続きの内容になる。 さて、タイトルは、とある展示会で、他のブランドのデザイナーと話してる時に言われた言葉だ。 「日本のバイヤーはバイヤーではない」 この意味がわかるであろうか。 さて、今日、 「新しいブランドを立てようぜ!」 と、意気込んでる若者等のデザインをみると、尖ったものから、落ち着きすぎたものまで様々である。 その中で、とある講師をしていた時に、一人の若者が終わりの時に、僕にこう聞いた。 「「日本で売ろうとしたら、どぎついものは作っても売れないからやめておけ」って、先生に言われたん ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, 三十路独身男一人旅(海外編), 男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた その2
-

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.