Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG 三十路独身男一人旅(海外編) 男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた

男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた ①

今ようやく全ての提出が終わった、そして日付は周り明日からタイ、マレーシアである。

よく聞かれる旅である「男一人でバリ島行って楽しいんですか?」に、少しづつ小分けに答えて行こうと思う。

単純に旅行記を綴るので、もし今、バリ行きを検討しているならば、少しでも参考になってくれれば嬉しく思います。

今iPhotoを見ながら思い返している。

僕は2015年8月3日から11日までバリ島にいた。

8泊9日である。

「男一人でバリ島行って楽しいんですか?」と聞かれたらこう言う。

「世界で一番楽しいんじゃないんですか。」

まずなぜにバリ島だったのか。

・日本人に疲れていて話したくも会いたくもなかった

・こう言う気持ちのときは南国だろう(最初はアイスランドに一人温泉旅に行こうとしたが、過去の友人の経験談や、自分が昔ケアンズに行ったことから)

・もう仕事的に何も浮かばなくなっていた

7月終わりに引っ越し、直営店の一時撤退等、バタバタの中、スカイゲート(その時DeNAトラベル、現エアトリ)で約12万円でエコノミーエアー、及びホテルを取った。

スーツケースに全て詰めこまないまま、既に羽田にいた。

気がついたらインドネシアはジャカルタ、スカルノ・ハッタ空港にいた。

(この後の旅の行程で、自分はジャカルタ経由でしたが、次からは成田発直行便でいきたいと思う。懐事情が許すならビジネスで行きたいくらいである)

空港について2時間弱のトランジット、一旦外に出て1万円を両替。1万円が108万ルピアになる。その中から7万ルピアでナシゴレンを食べる。

"Beer,Please."と拙い言葉で言うと、高校生くらいの店員の女の子が「ハァ?」みたいな感じで見ながら"No."と言ってきた。どこもかしこも酒がない。

よくよく考えたら

「そうだ、イスラム圏なんだ」

ということを理解する。先行きが不安だ。

もうこのまま行こうとタバコを3本くらい吸い、"TRANSFER"の看板を見ながら飛行機に乗る。

ングラライ空港(通称デンパサール空港)についたのは現地時間で確か23時とかだったと思う。速攻で出てきたスーツケースを取り、外に出たら自分の名前を書いた送迎がいた。

”May I smoke here?”と即座に聞いたら「スエマスヨ〜」との答えが。さすがに高い送迎のことはある、日本語対応だ。しかも「ビールヒエテマスヨ〜ノミマスカ〜?」と、最高の送迎である。(こののち隙を見て何度か行こうとし、価格を比較した時に、スカイゲートのオプションの送迎が一番高い。他より別格に)。

酒が飲める。

「そうだ、バリ島は”バリ・ヒンドゥー”なんだ。」

ということを理解し、ホテルに着く20分くらいの時間、3本の南国特有のペラい味のビール、”ビンタン”を飲んだ。もうこの時から「日本じゃない安堵感」があった。

今回泊まったホテルは”オールシーズンズ・レギャン・バリ”

 

・値段の割に相当評価が高い

・男一人旅なので、ぶっちゃけある程度しっかりしてたら安けりゃいい

・クタより、レギャンかサヌールがよかったが、サヌールは少し遠い。彼女とか嫁がいるなら多分ジンバラン、ヌサドゥアを選んだと思う

8月4日を回った0:00過ぎにチェックイン。ウエルカムドリンク的なのを頂く。

部屋に入り変圧器を使わない蛸足配線により、ブレーカーを3回落とし、申し訳なさすぎてルームサービスでナシゴレンを頼む。確かこれも7万ルピアとかだったはず。

翌朝

バイキングで朝食を食べる。(iPhotoでの時系列を見ているとこれを食べている。相当ナシゴレンに飽きてたと思う)

そのまま事前に日本にて手配しておいた、バイクをチャーター。日本人スタッフ高橋さんがバイクを届けに来た。(日本からはローマ字で送らないといけない不便さはあるが、高橋さんが凄くいい人であり、ホテルまで届けに来てくれる、オススメです。 2018年2月17日、追記。リンクからどうぞ。)

左手が不自由なため、リアブレーキを最低の浅さで効くようにしてもらように調整してもらう。

※インドネシアのバイクレンタル事情は、バイクを貸し出すところで様々らしいです。一応自動車、バイク共、僕は国際免許は持っていますが、いわゆる条約加盟国では無く、無免許扱いになる。なのでクタにある警察署で期間限定免許を取るのが正式。ただこの免許を取るやつがいるのか?という話は、バリに行けばわかると思う。あくまでこの解釈、及び手配、運転は自己責任でお願いいたします。

さて、行くか。

②に続く。

男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた その2 はこちらから。

 

こちらも見てね!

BLOG SNS WORKS 仕事とか、仕事関係とか、その他 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/9/20

うちの決まり事ですいません(お中元、お歳暮、年賀状はご遠慮ください)

ども。 日に日に夜が早く、気温も下がり始め、秋が始まってきた気がします。 さて今日は、昔から実は決まっていたことなんですが、新しく増えた取引先を考慮し、もう一度このことについて触れてみたいと思います。 僕が関係する会社に関し、お中元、お歳暮、年賀状、贈り物、贈答品、夜の接待はお断りさせていただいております。 もし僕が持っていったとしても、それは会社のお金ではなく本当に個人として払っているものなので気を使わないでいただきたいと思います。 さてこれを言い始めたのは会社を始めた2011年位からで、 「贈られたら ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/9/14

新車童貞四十路男、生まれて初めて新車を買う(メルセデス・ベンツ G350d manufaktur Edition マニファクチャーエディション)

  ども。 今年の頭くらいに書いた記事を参照にしていただきたいのですが、実は私、昨年にメルセデスにて、G350dを注文していました。 注文している時に担当さんから 「G350d買うのであれば、ほぼフルオプションのこのお得なモデルがでますが、抽選なんですよ、どうします?応募だけしときます?白か赤しかないのですが…」 と言われ、 「はい、じゃあお願いします。白色の方で」 といい、携帯のショートメールで担当者に、抽選に応募した。 奇しくもこのコロナにて、 「デリバリーが遅れそうっす!」 という話になり ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/8/5

嫁にバレたので日産パオ売ります。37万円コミコミ。

えーとですね。 タカラ塗料という、自家塗装で有名なペイント剤で、YouTuberがこぞって自家塗装してるのを見て、「自分でも世田谷ベースか自衛隊の色でやってみてえ!」と、ヤフオクで買いましたが、最近練馬の置き場が嫁にバレてしまい、クソ叱られまして、売却を決意しました。 ヤフオク(初めての出品でドキドキです)、メルカリに試しに出してみました。 以下、ヤフオクの宣伝文です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 日産 パオ 現状渡し 車検あり2021年4月まで 自粛中の夏休み、家族でタカラ塗料等 ...

BLOG SNS 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/8/3

国民と在住者をなめんな銀行、日本!資本主義なのに共産主義を押し付けんじゃねえよ!自営業が20万円で今日本でできることを考えろ。

随分長期化してしまってるコロナの話ですが、みなさんどうお過ごしでしょうか? 僕はといえば最近決まった毎年ファッションウィークに行われるパリの「SILMO」の中止が決定する寸前まで、製図とデザインでバタバタでした。 はい、一時期は毎日こちらのnoteやYouTubeをあげることもできてたのですが、それができなくなった理由として「コロナ」に対する、事業を継続するかどうか?の話が常日頃に蔓延しまして、やれ持続化給付金を出せば赤字で戻され訂正、取引先は意味のわからない生産をしてしまい「払わないとその他のものを収め ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/6/19

メルセデス W114 230-6

ちょいバタバタとしてて更新とかできてなかったんですけど。 この間手に入れた車を。 メルセデス w114の230-6。 電気屋の社長から譲っていただきました。 状態も最高、今アメリカにパーツ頼みました。古いメルセデスはほぼドイツかアメリカにアフターマーケ品パーツあります。

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, 三十路独身男一人旅(海外編), 男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた
-

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.