Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG 三十路独身男一人旅(海外編) 男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた

男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた ①

今ようやく全ての提出が終わった、そして日付は周り明日からタイ、マレーシアである。

よく聞かれる旅である「男一人でバリ島行って楽しいんですか?」に、少しづつ小分けに答えて行こうと思う。

単純に旅行記を綴るので、もし今、バリ行きを検討しているならば、少しでも参考になってくれれば嬉しく思います。

今iPhotoを見ながら思い返している。

僕は2015年8月3日から11日までバリ島にいた。

8泊9日である。

「男一人でバリ島行って楽しいんですか?」と聞かれたらこう言う。

「世界で一番楽しいんじゃないんですか。」

まずなぜにバリ島だったのか。

・日本人に疲れていて話したくも会いたくもなかった

・こう言う気持ちのときは南国だろう(最初はアイスランドに一人温泉旅に行こうとしたが、過去の友人の経験談や、自分が昔ケアンズに行ったことから)

・もう仕事的に何も浮かばなくなっていた

7月終わりに引っ越し、直営店の一時撤退等、バタバタの中、スカイゲート(その時DeNAトラベル、現エアトリ)で約12万円でエコノミーエアー、及びホテルを取った。

スーツケースに全て詰めこまないまま、既に羽田にいた。

気がついたらインドネシアはジャカルタ、スカルノ・ハッタ空港にいた。

(この後の旅の行程で、自分はジャカルタ経由でしたが、次からは成田発直行便でいきたいと思う。懐事情が許すならビジネスで行きたいくらいである)

空港について2時間弱のトランジット、一旦外に出て1万円を両替。1万円が108万ルピアになる。その中から7万ルピアでナシゴレンを食べる。

"Beer,Please."と拙い言葉で言うと、高校生くらいの店員の女の子が「ハァ?」みたいな感じで見ながら"No."と言ってきた。どこもかしこも酒がない。

よくよく考えたら

「そうだ、イスラム圏なんだ」

ということを理解する。先行きが不安だ。

もうこのまま行こうとタバコを3本くらい吸い、"TRANSFER"の看板を見ながら飛行機に乗る。

ングラライ空港(通称デンパサール空港)についたのは現地時間で確か23時とかだったと思う。速攻で出てきたスーツケースを取り、外に出たら自分の名前を書いた送迎がいた。

”May I smoke here?”と即座に聞いたら「スエマスヨ〜」との答えが。さすがに高い送迎のことはある、日本語対応だ。しかも「ビールヒエテマスヨ〜ノミマスカ〜?」と、最高の送迎である。(こののち隙を見て何度か行こうとし、価格を比較した時に、スカイゲートのオプションの送迎が一番高い。他より別格に)。

酒が飲める。

「そうだ、バリ島は”バリ・ヒンドゥー”なんだ。」

ということを理解し、ホテルに着く20分くらいの時間、3本の南国特有のペラい味のビール、”ビンタン”を飲んだ。もうこの時から「日本じゃない安堵感」があった。

今回泊まったホテルは”オールシーズンズ・レギャン・バリ”

 

・値段の割に相当評価が高い

・男一人旅なので、ぶっちゃけある程度しっかりしてたら安けりゃいい

・クタより、レギャンかサヌールがよかったが、サヌールは少し遠い。彼女とか嫁がいるなら多分ジンバラン、ヌサドゥアを選んだと思う

8月4日を回った0:00過ぎにチェックイン。ウエルカムドリンク的なのを頂く。

部屋に入り変圧器を使わない蛸足配線により、ブレーカーを3回落とし、申し訳なさすぎてルームサービスでナシゴレンを頼む。確かこれも7万ルピアとかだったはず。

翌朝

バイキングで朝食を食べる。(iPhotoでの時系列を見ているとこれを食べている。相当ナシゴレンに飽きてたと思う)

そのまま事前に日本にて手配しておいた、バイクをチャーター。日本人スタッフ高橋さんがバイクを届けに来た。(日本からはローマ字で送らないといけない不便さはあるが、高橋さんが凄くいい人であり、ホテルまで届けに来てくれる、オススメです。 2018年2月17日、追記。リンクからどうぞ。)

左手が不自由なため、リアブレーキを最低の浅さで効くようにしてもらように調整してもらう。

※インドネシアのバイクレンタル事情は、バイクを貸し出すところで様々らしいです。一応自動車、バイク共、僕は国際免許は持っていますが、いわゆる条約加盟国では無く、無免許扱いになる。なのでクタにある警察署で期間限定免許を取るのが正式。ただこの免許を取るやつがいるのか?という話は、バリに行けばわかると思う。あくまでこの解釈、及び手配、運転は自己責任でお願いいたします。

さて、行くか。

②に続く。

男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた その2 はこちらから。

 

こちらも見てね!

BLOG SNS YouTube

2020/3/30

志村けんさん、心よりご冥福をお祈りいたします

今日の動画。編集なしのVLOGです。2020/3/30 VLOG 志村けんさん、心よりご冥福をお祈りいたしますhttps://youtu.be/_23mirz1p4g いいね、チャンネル登録…できたらで構いません、今日はもういいや…

BLOG SNS WORKS 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/3/30

芸術に対するあまりにも理解のなさを理解しといた方がいい〜一ヶ月後の30万よりも、今は今日明日にもらえる1万円の方が強い〜

  ども 少し毒舌になるので、今月のこちらで。 (有料ですが、有料部分、残りほぼありません、つまり無料です。いいなと思ったら気持ち投げ銭でもしてください) さて、タイトル通りなのだが、みなさんはどうお考えだろうか? 今回、これから先どうなっていくのかを確認していく必要性がある。 まず、そもそも論で、もう接客業系、販売系、またそれに付随するメーカーや卸業者など、致命的かつ即死的ダメージを受けてるところであろう。 そのようなところに一番必要なのは、 「即日性の資金」 である。ここを国はよく理解してい ...

BLOG SNS YouTube

2020/3/29

【メンター】岩本が信じている占いと、崇拝神社【スピリチュアル】

今日の動画はこちら! 占い好き必見 【メンター】岩本が信じている占いと、崇拝神社【スピリチュアル】 https://youtu.be/mTBlvytFXQI いいね、チャンネル登録是非お願いいたします!  

BLOG SNS 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/3/26

申し込んだら実は横領された事により信用情報がブラックだった俺が、コロナ融資の為に政策金融公庫に面談に行った話

タイトル通りなのだが、正直我々のような人間、企業してる人間、そして人を雇用している中小企業の社長にとって、今一番欲しいのは、 「コロナが収束するまでの運転資金」 ではないだろうか。 そう、僕もその一人である。 いくら一人でやっている、他の仕事は全てアウトソーシングしている、とは言え、 ・在庫商売であること ・展示会ベースで販売しているが、その展示会が軒並中止、延期 どこで売れっちゅうねん。 また、この事情により、世界中の小売店自体が購入を控えている状況で、EU、アメリカを中心にしている僕の商売も上がったり ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、「マレーシアに移住調査」という名目で観光に向かう

2020/3/24

三十路男一人旅、「マレーシアに移住調査」という名目で観光に向かう ⑤ 総括編

④はこちらか画像をクリック 今回は4泊6日でペナン、クアラルンプール、マラッカを回るマレーシア調査旅行に行ってきた。 旅程から費用などをまとめながら今回の旅行を振り返っていこうと思う。 旅程 1日目 移動日 成田空港発で香港経由で(トランジット7時間)クアラルンプールへ 深夜に到着し、バスでペナンへ 2日目 ペナンのジョージタウン観光 朝ペナンに到着。世界遺産のジョージタウンで観光。 ストリートアートとワイヤーアートを楽しむ 夜飛行機でクアラルンプールへ。 3日目 クアラルンプール観光 バトゥ洞窟・セント ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, 三十路独身男一人旅(海外編), 男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた
-

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.