Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG 三十路独身男一人旅(海外編) 男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた

男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた ①

今ようやく全ての提出が終わった、そして日付は周り明日からタイ、マレーシアである。

よく聞かれる旅である「男一人でバリ島行って楽しいんですか?」に、少しづつ小分けに答えて行こうと思う。

単純に旅行記を綴るので、もし今、バリ行きを検討しているならば、少しでも参考になってくれれば嬉しく思います。

今iPhotoを見ながら思い返している。

僕は2015年8月3日から11日までバリ島にいた。

8泊9日である。

「男一人でバリ島行って楽しいんですか?」と聞かれたらこう言う。

「世界で一番楽しいんじゃないんですか。」

まずなぜにバリ島だったのか。

・日本人に疲れていて話したくも会いたくもなかった

・こう言う気持ちのときは南国だろう(最初はアイスランドに一人温泉旅に行こうとしたが、過去の友人の経験談や、自分が昔ケアンズに行ったことから)

・もう仕事的に何も浮かばなくなっていた

7月終わりに引っ越し、直営店の一時撤退等、バタバタの中、スカイゲート(その時DeNAトラベル、現エアトリ)で約12万円でエコノミーエアー、及びホテルを取った。

スーツケースに全て詰めこまないまま、既に羽田にいた。

気がついたらインドネシアはジャカルタ、スカルノ・ハッタ空港にいた。

(この後の旅の行程で、自分はジャカルタ経由でしたが、次からは成田発直行便でいきたいと思う。懐事情が許すならビジネスで行きたいくらいである)

空港について2時間弱のトランジット、一旦外に出て1万円を両替。1万円が108万ルピアになる。その中から7万ルピアでナシゴレンを食べる。

"Beer,Please."と拙い言葉で言うと、高校生くらいの店員の女の子が「ハァ?」みたいな感じで見ながら"No."と言ってきた。どこもかしこも酒がない。

よくよく考えたら

「そうだ、イスラム圏なんだ」

ということを理解する。先行きが不安だ。

もうこのまま行こうとタバコを3本くらい吸い、"TRANSFER"の看板を見ながら飛行機に乗る。

ングラライ空港(通称デンパサール空港)についたのは現地時間で確か23時とかだったと思う。速攻で出てきたスーツケースを取り、外に出たら自分の名前を書いた送迎がいた。

”May I smoke here?”と即座に聞いたら「スエマスヨ〜」との答えが。さすがに高い送迎のことはある、日本語対応だ。しかも「ビールヒエテマスヨ〜ノミマスカ〜?」と、最高の送迎である。(こののち隙を見て何度か行こうとし、価格を比較した時に、スカイゲートのオプションの送迎が一番高い。他より別格に)。

酒が飲める。

「そうだ、バリ島は”バリ・ヒンドゥー”なんだ。」

ということを理解し、ホテルに着く20分くらいの時間、3本の南国特有のペラい味のビール、”ビンタン”を飲んだ。もうこの時から「日本じゃない安堵感」があった。

今回泊まったホテルは”オールシーズンズ・レギャン・バリ”

 

・値段の割に相当評価が高い

・男一人旅なので、ぶっちゃけある程度しっかりしてたら安けりゃいい

・クタより、レギャンかサヌールがよかったが、サヌールは少し遠い。彼女とか嫁がいるなら多分ジンバラン、ヌサドゥアを選んだと思う

8月4日を回った0:00過ぎにチェックイン。ウエルカムドリンク的なのを頂く。

部屋に入り変圧器を使わない蛸足配線により、ブレーカーを3回落とし、申し訳なさすぎてルームサービスでナシゴレンを頼む。確かこれも7万ルピアとかだったはず。

翌朝

バイキングで朝食を食べる。(iPhotoでの時系列を見ているとこれを食べている。相当ナシゴレンに飽きてたと思う)

そのまま事前に日本にて手配しておいた、バイクをチャーター。日本人スタッフ高橋さんがバイクを届けに来た。(日本からはローマ字で送らないといけない不便さはあるが、高橋さんが凄くいい人であり、ホテルまで届けに来てくれる、オススメです。 2018年2月17日、追記。リンクからどうぞ。)

左手が不自由なため、リアブレーキを最低の浅さで効くようにしてもらように調整してもらう。

※インドネシアのバイクレンタル事情は、バイクを貸し出すところで様々らしいです。一応自動車、バイク共、僕は国際免許は持っていますが、いわゆる条約加盟国では無く、無免許扱いになる。なのでクタにある警察署で期間限定免許を取るのが正式。ただこの免許を取るやつがいるのか?という話は、バリに行けばわかると思う。あくまでこの解釈、及び手配、運転は自己責任でお願いいたします。

さて、行くか。

②に続く。

男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた その2 はこちらから。

 

こちらも見てね!

BLOG SNS 僕の車歴

2020/6/19

メルセデス W114 230-6

ちょいバタバタとしてて更新とかできてなかったんですけど。 この間手に入れた車を。 メルセデス w114の230-6。 電気屋の社長から譲っていただきました。 状態も最高、今アメリカにパーツ頼みました。古いメルセデスはほぼドイツかアメリカにアフターマーケ品パーツあります。

no image

BLOG SNS WORKS

2020/6/4

3年目…

こうやって3年間やってきて、少しずつですけどまあまあ増えたなあ、と感じます。特に日本がやっと増えてきました。 https://metronome-eyewear.com/dealer 今年もSILMO Parisやパリコレには行けるといいな。 とにかくまずは止まった分の在庫を全部捌きたい!

BLOG SNS YouTube

2020/5/24

デザイナーが直接METRONOMEの商品紹介!(21) "Yawn"編 +少し余談を…

緊急事態宣言解除、直近? デザイナーが直接METRONOMEの商品紹介!(21) "Yawn"編 +少し余談を… https://youtu.be/rPfefkOVGMQ 早く開けて、パーっと久々に飲みにいきたいですねえ…

BLOG SNS YouTube

2020/5/21

デザイナーが直接METRONOMEの商品紹介!(20) "You Never know”編

さてそろそろサングラス動画もひと段落…かな? デザイナーが直接METRONOMEの商品紹介!(20) "You Never know”編 https://youtu.be/79edaK484rA オーダーアイテムです! そろそろ車にもシフトしていきたいですねえ。

BLOG SNS YouTube

2020/5/18

デザイナーが直接METRONOMEの商品紹介!(17) "Sleepless"編

サングラス紹介 デザイナーが直接METRONOMEの商品紹介!(17) "Sleepless"編 https://youtu.be/olOF59yBcw4 グルグルサングラス、さてその構造はいかに? 持続化給付金、修正ばかりで流石に2週間は無理ありますやろ〜。

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, 三十路独身男一人旅(海外編), 男一人旅、サーファーでもないのにバリ島に行ってきた
-

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.