Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG SNS 注意しない世間に出す、僕コラム

申し込んだら実は横領された事により信用情報がブラックだった俺が、コロナ融資の為に政策金融公庫に面談に行った話



タイトル通りなのだが、正直我々のような人間、企業してる人間、そして人を雇用している中小企業の社長にとって、今一番欲しいのは、

「コロナが収束するまでの運転資金」

ではないだろうか。

そう、僕もその一人である。

いくら一人でやっている、他の仕事は全てアウトソーシングしている、とは言え、

・在庫商売であること
・展示会ベースで販売しているが、その展示会が軒並中止、延期

どこで売れっちゅうねん。

また、この事情により、世界中の小売店自体が購入を控えている状況で、EU、アメリカを中心にしている僕の商売も上がったりである。

さらに言ってしまうとこれを書いてる昨日、2020年3/25日に、小池都知事が「週末外出を控えろ」というお達しが出た。

こうなったらもうこれはヤバい。いよいよ倒産させてもしかたねえなあ、とすら思っている。

そんな折に、3月17日にこの融資が政策金融公庫から出た。

新型コロナウイルス感染症特別貸付

スクリーンショット 2020-03-26 11.25.26

最近、尽くこの状況で来るM&A案件も流れる、もしくは「本業やばくなったからそれどころじゃない」レベル。

M&A業界も買い手側、今がチャンスですよ!

みたいなこと言っても、この融資で「売り手側が融資に流れちゃって…」という話も仲介屋から結構聞く。

これはもう頼るしかねーな、となり、3月18日、僕は池袋支店に申込に必要な書類(以下画像)を持って向かい、必要時期を3月末として、申し込んだ。その時点で公庫は結構混雑していた。「素人なの?そんなの間に合うわけないじゃん」という人、素人です、銀行から金借りたことありません、少し黙って見てて欲しい。

スクリーンショット 2020-03-26 11.40.45

コロナ融資、そして面談へ…

申し込んでから1週間後、一昨日3/24日夕方、担当者さんから電話。

「今、非常に混んでまして…幸いかどうかはあれですが、明日15:00ではどうでしょうか?それ以降になると2週間後になりますね…」

『いきます』

「え、わかりました、では15:00に!お足が悪いようなので、お気をつけて…」

ここでこけるわけにいかねえ。

というわけで、申込書以外にも、以下の資料を貫徹で作成した。

・自己紹介文
・パワポによる今回の収束見込みと、それまでの事業計画、予定等15Pほど
・それに付随する資金繰り表
・昨年対比、売り上げ等の補完資料
・在庫表
・自分の所有する商標、特許、実用新案等の書類
・自分の個人の確定申告本年度分

収束自体を9月目安とし作成、上記に自分の身分証明書、会社、個人の通帳を揃え、15:00まで病院があったので、それを終わらせ向かった。

その向かう中で、このツイートを見て、戦々恐々、いよいよ身近に感じてきた。

スクリーンショット 2020-03-26 11.56.51

おいおいまじか、あそこ潰れたのかよ…一時期は自社のビルも持っていたのに…

いよいよだな…

そんなことを感じつつ、慣れない池袋の街をとことこ歩き、公庫に到着。

面談開始。

僕は、上記の書類を自分から提出し、それを見つつ、担当の方の質疑応答に答えつつ、話を進めた。そして強く、以下を唱えさせていただいた。

・PL、BSでは推し量れない事態である。自分でやらかした事ならともかく、防ぎようがない事
・とにかく黒字化してるので、今のこのままなんとか月次はともかく、今季はなんとか昨年対比100%は割りたくない事
・3月末、遅くて4月月初に支払いがないと、連鎖で倒産が出る恐れがある事
・なんとかパリの9月まで持ち堪えられる分と、月末の支払い分をお願いしたい事

そして、担当者さんは全ての書類をコピーしに向かい、量が多いので15分ほど待たされ、戻ってきてさらに上記のこと、今の生活の事等を織り交ぜながら話あった。さらに

・僕個人が会社の連帯保証もする事

を話した。

そして、驚きの答えが帰ってきた。

信用情報に知らない間に傷がついてたので否決

・一応、稟議にはあげるが、ここでいうとあれだが、遅いよりはいいだろうと思い、言います。多分(審査)落ちます。信用情報(CIC)に、どうしても見逃せない事があります。ここ逆になんとかなればいつでも貸せるのですが。

CIC?

いや、身に覚えがないっす。

・2015年、どこかは言えませんが、借入してて、異動がついています

え?

まさか…

そう、自分には、その覚えがあった。

以下、内容はまず、画像で自分の顧問弁護士との会話で。

スクリーンショット 2020-03-26 12.09.45

スクリーンショット 2020-03-26 12.10.05

そう、遡る事僕が出資した会社の社長が横領した(詳しくは過去記事、有料記事で)、その後始末をした時に出てきたやつが上記で、「なんで俺が借りたわけでもないのに払わなきゃいけないんですか?」と話になり、そのままその時の会社の弁護士に任せていた。

どうもこれ臭い。

流れを全て担当者に話をした。この事を言ってくれた担当者に。

しかし、担当者さんはこう言った。

・残念です。財務がいいだけに、個人の信用情報だけです…稟議はあげますので、あとは上司の判断です…基本、公庫は消費者金融に借入があると、返済してても融資は実行しにくい、という…

付け加えるように担当者さんは、

・事故の件はいつ終了しますか?それ(賠償金)があれば少し持ち堪えられませんか?

……。

そして1時間半に渡る面談は終了し、僕は池袋を後にした。

僕のミッションは決まった

・とにかく、まずは稟議の結果を待つ事。
・そして、個人信用情報を弁護士に委ね、綺麗にする事

である。ここはもう時間しかない。焦らず待とう。どうでもいい、だって金借りなければいいんだから。

所感、このままでは日本経済の崩壊は時間の問題である

いやいや、今信用情報とか言ってる場合じゃないでしょ…

財務さえなんとかしてて、銀行が決めた昨年と直近の月の売り上げの減少率がしっかり落ちてて、なんでそこにこだわるのか…

もうちょい国、準公務員がこれでは、もう如何しようも無い。

日本経済の崩壊は時間の問題である。

正直、帰る時に見えた「公庫はセーフティーネット」とかいうポップに、「嘘つけ」と心の中で思ってしまった。

確かに、経営者として僕が悪い面が多々ある、それは自分の信用情報を把握していない事だ。

ただ、普通にクレカも持ってる。借金しない、だけである。

申込とか最近していなかったが、もししてたら落とされてるのだろうか…

と。

しかし、今回のコロナの件で、一番被害を被るのは、中小企業、特に10人以下の小規模事業者、そして個人企業、フリーランスだ。

リーマンショック時期の規模ではない。

そういう個人の事業者は少なからず、銀行以外にもいろいろな借入がある。

支払いのために、借りれるならとにかくどこでも借りる、という人もいるだろう。

10年もしてれば個人信用情報は消えるらしいが、経営者ですねに傷がない人ってなかなか難しい。小さい企業であればあるほど。

僕は妻にもよく言われる言葉で、「自分を犠牲にしてでも、他に支払うことはやめて欲しい」というのがある。

しかし、僕たち1、2億くらいまでの、売り上げの小さな事業者の代表はは、少なからずこの精神を持ってると思う。

支払いが遅れれば嫌な事を言われ、なんとか支払いたいのがだが支払えない。

という時がある。そうなると、やはり

「代表や役員が出すべきだ!そこからで支払え!」

という考えが浸透してる。そう言われるし、何度も言われた。

嫌な事を何度も言われた。しかし、這い上がって今がある。

まあ、その一定の督促、取り立ての基準値を超えるといよいよ弁護士の出番なのだが。

支払いのプライオリティとして、上から

1.従業員への給料
2.個人企業への支払い
3.法人企業への支払い
4.固定費の支払い
5.社長、役員の役員報酬、その役員の個人的な支払い

しかし、今回で本当に思った。

社長の個人信用情報がダメなら、国は金を貸してくれない。小規模事業者が金を借りるためには、5を最優先しないとダメなのが今回でよくわかった。まあこれは俺が甘いのが悪い。

ただ、

正直、国はココを理解してるのか?今の状況的に、いくら初回にしても、いつもの審査やスピードでいいのか?ましてや、そもそも根本的に融資ってどうやねん。

となるよなあ…

助けてもらえず、融資が実行が遅かった、されなかった人はまた、支払いできない人とかが増えて、こうなったらまた闇金とか復活しそうだよなあ。

怪しい融資のためのコンサルタントとか増えそうだなあ…

いつだってこういう見放された人に、そういう闇がまた入っていく。

このままだと、本当に日本の中小企業、終わるぜ。

コロナのオーバーシュートも含め、国はとにかく倒産のオーバーシュートを防ぐべきだ。

というわけで僕は、引き続きM&Aを考慮しつつ、銀行に頼らず、国内外の個人投資家や小さなVCに頼ろう、そう思います。

銀行なんてこれまでも今後も、個人信用情報を綺麗にして、マンション経営する時以外銀行なんて使わないでおこーっと。と。

国(公庫)は今回、信用情報ダメな人は助けてくれないだな、そう思いました。

追記:

少しでも今、コロナ融資を検討してる方の参考になれば、と思い今回書きました。

銀行に対する知識がない中で、初めて申し込んでわかりました。そして、実体験を書いてます。

ちなみに僕は、普通の銀行は団体信用保険に障害者になった今の体では入れないため、借りれません。

知識ある方は「こいつ馬鹿だな」って思う人もいるでしょう、そこはなんとかご容赦ください。

少しでも、この記事で、読んだ方の中で検討してる方の、資金の準備の時間が、ダメそうと思い他に回す事で支払いが遅れない事、なんとか今回「生き延びる」事が先決かと思い、書かせて頂ました。

本当に中小企業、個人事業のみなさん、今はこのような状況です。

なんとか、国や銀行だけでなく、他の用立ても視野に入れておいてください。

そしてなんとか、この状況を乗り切りましょう。

Bisei



こちらも見てね!

BLOG SNS WORKS 仕事とか、仕事関係とか、その他 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/9/20

うちの決まり事ですいません(お中元、お歳暮、年賀状はご遠慮ください)

ども。 日に日に夜が早く、気温も下がり始め、秋が始まってきた気がします。 さて今日は、昔から実は決まっていたことなんですが、新しく増えた取引先を考慮し、もう一度このことについて触れてみたいと思います。 僕が関係する会社に関し、お中元、お歳暮、年賀状、贈り物、贈答品、夜の接待はお断りさせていただいております。 もし僕が持っていったとしても、それは会社のお金ではなく本当に個人として払っているものなので気を使わないでいただきたいと思います。 さてこれを言い始めたのは会社を始めた2011年位からで、 「贈られたら ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/9/14

新車童貞四十路男、生まれて初めて新車を買う(メルセデス・ベンツ G350d manufaktur Edition マニファクチャーエディション)

  ども。 今年の頭くらいに書いた記事を参照にしていただきたいのですが、実は私、昨年にメルセデスにて、G350dを注文していました。 注文している時に担当さんから 「G350d買うのであれば、ほぼフルオプションのこのお得なモデルがでますが、抽選なんですよ、どうします?応募だけしときます?白か赤しかないのですが…」 と言われ、 「はい、じゃあお願いします。白色の方で」 といい、携帯のショートメールで担当者に、抽選に応募した。 奇しくもこのコロナにて、 「デリバリーが遅れそうっす!」 という話になり ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/8/5

嫁にバレたので日産パオ売ります。37万円コミコミ。

えーとですね。 タカラ塗料という、自家塗装で有名なペイント剤で、YouTuberがこぞって自家塗装してるのを見て、「自分でも世田谷ベースか自衛隊の色でやってみてえ!」と、ヤフオクで買いましたが、最近練馬の置き場が嫁にバレてしまい、クソ叱られまして、売却を決意しました。 ヤフオク(初めての出品でドキドキです)、メルカリに試しに出してみました。 以下、ヤフオクの宣伝文です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 日産 パオ 現状渡し 車検あり2021年4月まで 自粛中の夏休み、家族でタカラ塗料等 ...

BLOG SNS 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/8/3

国民と在住者をなめんな銀行、日本!資本主義なのに共産主義を押し付けんじゃねえよ!自営業が20万円で今日本でできることを考えろ。

随分長期化してしまってるコロナの話ですが、みなさんどうお過ごしでしょうか? 僕はといえば最近決まった毎年ファッションウィークに行われるパリの「SILMO」の中止が決定する寸前まで、製図とデザインでバタバタでした。 はい、一時期は毎日こちらのnoteやYouTubeをあげることもできてたのですが、それができなくなった理由として「コロナ」に対する、事業を継続するかどうか?の話が常日頃に蔓延しまして、やれ持続化給付金を出せば赤字で戻され訂正、取引先は意味のわからない生産をしてしまい「払わないとその他のものを収め ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/6/19

メルセデス W114 230-6

ちょいバタバタとしてて更新とかできてなかったんですけど。 この間手に入れた車を。 メルセデス w114の230-6。 電気屋の社長から譲っていただきました。 状態も最高、今アメリカにパーツ頼みました。古いメルセデスはほぼドイツかアメリカにアフターマーケ品パーツあります。

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, SNS, 注意しない世間に出す、僕コラム
-, ,

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.