Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG WORKS 仕事とか、仕事関係とか、その他 好きな音楽。

僕とKing Gnuの常田くん、そしてPERIMETRONのShu Sasakiという人物について。(FUJI ROCKは29日の11:30にRED MARQUEEに行け!)

世間というか関東は今、台風に晒されている。

そんな中、開催が危ぶまれながらも、敢行している、夏のもはや一大イベントとなった「FUJI ROCK FESTIVAL」

今年はYouTubeでも中継されるそうで。

足の悪い僕には幸いなことです。

その中で、皆にどうしても、29日の11:30~、RED MARQUEE、見てもらいたいバンドがいる。

King Gnu

話は遡る。

僕とShu Sasakiが出会ったのはもう8年ほど前か?

友人、10-FEETのTAKUMA君のお呼ばれで、京都大作戦の物販ブースに出店しだして、3年目の年であろうか。

隣のブースにDOARATがいた。

懐かしい話だ。色々な意味で。

その時のスタッフが、ロンドンから帰国したばっかりのShuであった。

その後、ShuがいるからDOARATにも行きだし。

友達も増え。

その後、うちの会社にもしばらく在籍した。

僕の旅シリーズので、「店を閉めた」とあるが、最後の方まで残ってくれたのはShuである。

そして、その後僕がロンドンで"METRONOME"を発表した時、スタッフとして駆けつけてもらったのがShu。(彼は英語がうまい)

その後、事故で行けなくなったCapsule NYの僕の代役で、行ったのもShu。

その時、Shuが"PERIMETRON"というアート集団を設立した時か。

在籍するディレクター、河内くん(OSRIN)も、Capsule NYに同行してくれた。

その時、「作りませんか?」と行って作ったのがこれである。

アパレルやってた人が、なぜか今映像を作っている。

人の人生とは不思議だ。

彼には名前のように、人が"集"まる、だからプロデューサー業が向くのであり、それを作るのが河内くんと、適材適所、それがクリエイター集団"PERIMETRON"の強みだ。

この時、このTEASERの音楽を作ってくれたのがKing Gnuの常田くんだ。

今回のミラノのやつでも作ってもらっている。

その前、僕がMETRONOMEにて、ロンドン、ミラノ、NYCと、ファッションの通り道通りの、発表を行ない、NYCでShuが僕らのヘルプに来る、その前日までアメリカにてアテンドをしてたのが、Srv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)、のちのKing Gnuである。

要は、僕と海外に出たタイミングが一緒であった。

その後、2017年5月の事故の怪我にて、なかなか世間に出れなかったのだが、2018年、今年1月にShuから電話があり、「PV作るので、エキストラで出てくれませんか?」と言われ、出たのがこれである。

(どこかに出てるから探して見てね)

この時、裏で「初めまして」と会い、その後、今期のVmagazineの企画対談にて、3人で話した。

時間がない中の撮影であったが。

聞けばわかると思うが、PVを作る現場にて、「あなたは蜃気楼」を聞いてた時、久々に「ああ、これは行くな」と感じた。

最近の僕が、ここまで車の中で久々に、ヘビロテしてるのがこのCDである。

Tokyo Rendez-Vous

「1回りも下の奴が、ここまでやってててめえら悔しくねえのか!」

最近、とあるバンドの連中に僕が言い放った言葉だ。

僕は職業柄、通常よりは音楽家、ミュージシャンに関わり、なぜか通常よりもよく、相談される。

そしてそういう奴らとよく酒も飲む。

相談といっても様々だ。

「売れたい」から「女の話」、「やめたい」まで。

ただ僕らの歳がかなりの大御所になってきてる今、世間のようにではないが、近い歳でも「バンド格差」「音楽格差」が広がってる。

昔ほどCDも売れなくなり、収入源が「興行」に移りつつあり、乱発するフェス。

友人のARが「CDはグッズになる」といってた7年ほど前、今やもはや、本当にそうなってしまった。

そういう厳しい状況下、努力しない奴は落ちて行く。

僕でも、僕の世界でも、どの世界でも一緒だ。

「タイミング」というのはもちろん重要で、その時代にそのものが欲しがってて、見事マッチしたり、そういうのももちろん必要だ。

ただ、それを突き放すかのごとく、我々世代をぶち抜いたのがKing Gnuである。【悲報】30歳を過ぎると「新しい曲」を聞かなくなる理由が分析される! 年を取ると“同じ曲を繰り返し聞く”傾向も - TOCANA 最近では日本でも音楽ストリーミングサービスがすっかり浸透し、スマートフォン一つあれば好きな曲をいつでもすぐに聞くことがでtocana.jp

上記、本当にそうで、最近RANCIDの「…and come~」しか聞いてなかったが、こういうおっさんでも、King Gneはハマる。

ただそこには、口数があまり多くない、雰囲気のあるフロントマンの男と、それをサポートする無邪気な笑顔の男がいるのだ。

なんでもそうで、「チームプレイ」は重要である。

ただそこに、「努力」と「熱意」がないと、反応は起きない。

1回り下の奴に「悔しいけど、ムチャクチャこいつらかっこいいな」と思ってしまった。

「悔しい」という思いのない人ほど、布団の中にいる。

俺は「悔しさ」のない同年代は嫌いだ。

我々の星、OLEDICKFOGGYが出てしまった28日が終わり、29日、見るべきはKing Gnu。

駆け上がるのは一瞬だと思う。

やれる奴はそうなんだ。

だから俺ら世代も、もっと期待持たせてくれよ。

それでも何度でも立ち上がれ いつだって主役はお前だろ

FUJI ROCKは29日の11:30にRED MARQUEEに行け!

行けばわかるさ。

(俺は家から鑑賞するけどな!)

(サマーレイン・ダイバーが大好きです)

こちらも見てね!

BLOG SNS うつ病かな、と思ったら読む話 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/2/25

うつ病かな、と思ったら読む話 人生復活せよ ① ~落ちるとこまで落ちたらいい。~

これは、事実体験談を下に書いているので、心当たりがある方に読んで欲しい。 僕は2015年、交通事故と、仲間の裏切りにより非常に落ち込み、ダメージを受けた。 そこで、自分がどう今までに復活して行ったか、自分流の荒療治、とまでは行かなくても、自分の「うつ病の直し方」をここに書いていこうと思う。 僕がうつ病になった原因因子の一つが金だ。と言うか、事故で失った左足以外で原因となるのはそれだ。要は「金」か「体」「家」と、大体この3つでははないかと思う。 まず、金がない。 金が、とことんない。 1億近くあった個人口座 ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/25

僕の車歴 20 アウディQ7 2008

僕の車歴 20 アウディQ7 2008 当時330万でなんとヤフオクで買いました。 3列欲しいな、と思って買いましたが、出したことは1回だけ。 この年代のアウディには珍しいキーレス、サンルーフ付き。 引っ越した時、その家の前に入らなくて交換的に売却…色は白。 トゥアレグの方が…  

BLOG SNS WORKS

2020/2/23

MIDO 2020 延期発表

楽しみにしていたメガネの展示会、イタリアのMIDOが中止(延期)になりました。 当然と言えば当然の結果ではあるかもですが、今年MIDOは50周年なので、大きくやるためにも控えたいのは少し見習うべきでは。 と言いつつも、そこまでにかけた金を切る勇気はなかなかすごいなあ。

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/22

僕の車歴 19 フォード ファルコン 1966

僕の車歴 19 フォード ファルコン 1966 セカンドカーとして当時120万で買いました。 この時代のアメ車としては大きさが大きくないので結構都内助かりましたね。 件があったため、資金難にて売りに出しました…色はまさにこの色。

BLOG SNS 仕事とか、仕事関係とか、その他 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/2/22

「日本のバイヤーはバイヤーではない」と言った外人の言葉の意味

前回の記事から、続きの内容になる。 さて、タイトルは、とある展示会で、他のブランドのデザイナーと話してる時に言われた言葉だ。 「日本のバイヤーはバイヤーではない」 この意味がわかるであろうか。 さて、今日、 「新しいブランドを立てようぜ!」 と、意気込んでる若者等のデザインをみると、尖ったものから、落ち着きすぎたものまで様々である。 その中で、とある講師をしていた時に、一人の若者が終わりの時に、僕にこう聞いた。 「「日本で売ろうとしたら、どぎついものは作っても売れないからやめておけ」って、先生に言われたん ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, WORKS, 仕事とか、仕事関係とか、その他, 好きな音楽。
-,

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.