Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG SNS 注意しない世間に出す、僕コラム

人生の必須スキル、”見切り”というスキルを身につけましょうや。

人生とはなかなか長い暇つぶし。

なんて言えるかボケえええ!

と、思うくらいに僕の「暇つぶし」は、なかなかドラスティックだ。

しかし、まあ物事は単純に考えましょうよ。

最近、よく耳にする”仕事に対する意識の捉え方”を少し話そうかな、と思う。

月収14万円の話だ。

僕は正直、言ってることがわかるし、今その仕事等でそれでうまくいかなければ、ある程度の「見切り」と言うスキルを持ってなければ、今後生きていくのが困難になる。

この「見切り」と言うスキルは、なかなか優秀なもので、これを身につければ一気にボス戦が楽になる。

例えば、恋愛も一緒で、

「あ、この人とはもうダメだ」

と思うことがありますよね、で、なかなかそれを思っていても切り出せなかったりする。

事実、そもそも誰しもがこの「見切り」と言うスキルを身につけてるはずなんだけど、「発動」するまでに時間と、経験値が足りないのだ。

で、「発動」するとどうなるか?

その人とは別れますよね。

例えば、別れたらそこで「経験値」と「見切りのスキル」は身に付く、もしくはレベルが上がりますが、「発動」するきっかけがまだ自分で身についていませんよね。

例えば、「次に好きな人ができた。付き合えそう。」という風になると、別れますよね。

これがいわゆる単純な「発動」するきっかけで。

これを仕事に置き換えて見ると、14万円の仕事、で、18万円の仕事が見つかりました。

普通ならそこに行きたいと思い、面接いきました、受かりました、「じゃあやめよう」と、やっとこさ辞表を出して転職しますよね。

これもいわゆる「見切りスキル」「発動」のきっかけです。

要は、「スキル」自体は持っているんですけど、それを「発動」させるのが怖い。それは物事の次が決まってないから、もしくは先が保証されていないから。

なんと言うか、上記でいうと簡単に昔のB'zの歌で「セーフティーラブ」って歌があるんですけど、「次の恋が保証されてる」的な状況で動きたいじゃないですか。

そう、僕が常にドラスティックな人生になるのはこの「見切り」スキルの名前が少し変化して「見切りすぎ」スキルなのです。

僕の場合は、次があろうが無かろうが、「これはもうダメだな」と一旦思うと、後先考えずにやっちゃうわけなんです。

もちろん、仕事でもなんでも。

逆に、常に新しいことや物事はしたいんで、逆にそこでモタモタしてたくないんですよ。

常にスピードを求めていくと、自然とそういう風になるんじゃないんでしょうか。

あとは、なんでも「撤退戦」を考えて行動する、これは鉄則です。

戦場で「撤退だ!撤退!」というタイミングが遅ければ遅いほど、全滅します。

それは仕事も一緒で、

「14万円か、撤退!」

と思うタイミングが遅ければ遅いほど、時間と、その時間を費やして本当は「稼げたであろう逸失利益」を生み出します。

お金は稼げますが、「時間」、これは本当に有限なんです。神様がいるなら、唯一皆に公平にした事。これですら、個々でいつ終わるかわからないんですよ。

で、前の記事で書いたように、僕はデザイナーということをしていますが、その他でも色々やっています。

ここは後ほど違う記事にて書きますが、「デザイナー」という収入源だけではないんです。それはあくまで一つの会社で、僕がその会社の代表で、そこで得た肩書きと給料です。

僕も2年前の事故で、大変金銭に苦しみました。今も少し苦しい。

で、皆がよく言っていますが、

「収入源はどれだけあってもいい。」

「柱は多ければ多いほどいい」

と。これを今実践しています。

じゃあ14万円でいいとしましょう、ただそこは月曜から金曜、毎日朝9時から18時までの拘束された対価です。

そこからが自由で、例えばアルバイトする、副業する。

例えば田舎なら「代行運転」の運転手。

これもよくありますね。まあ拘束される仕事でいいなら無限にありますよ。

あと、やはりネットかなあ。

今だとなんでも個々で請け負える時代になりましたよね。

ただ、そこには「スキル」がまた必要な訳で、これもまた、「しっかり勉強しないと無理」とかが最近なくなってきてると思うんです。

例えばIllustrator、Photoshop、premier等のソフトの使用の仕方。昔は(僕の時代は)専門とか職業訓練とか行って身につけるスキルでしたが、今はYouTubeに色々なタイプの先生いますよね。

で、上記のAdobeのソフト、1ヶ月無料で体験で今使用できます。

この1ヶ月間、色々と自分のその仕事が終わった18:00〜、家で勉強する。これは”投資”と考えましょう。

で、その1ヶ月やってみて、行けそうなら続けて、自分で色々やって、オンラインのIllustrator、Photoshop、premierを使用した仕事なんてオンラインでざらに落ちてますよ、それをやれば下手したら本業なんて余裕で超えられるようになる可能性しかない気がします。

しかし

例えば、1ヶ月で「ダメかなあ、合わないかなあ」と思ったら、即やめましょう。

それもいわゆる「見切り」の一つで、その「投資」に対して「見切り」をつけて、損失を少なくすればいいだけなんです。

で、次の投資を考える。

というね。

その「トライ&エラー」の繰り返しなんです。

僕がデザイナーに入った時代と違い、誰でも今ものが作れて、販売できるようなボーダレスな時代で、「もうちょっと早くきて欲しかったなあ」とも思います。

あとは、それをすぐやる行動力じゃないのかな。これだけはいつの時代も変わりません。

ちょっとRPGっぽく書きましたが、「人生に見切り」というスキルをつけろ!、本線とサブクエストがあるなら、サブクエストは最短で切り抜けて、本線をクリアしてしまえ!ということを言いたいだけです。

ではでは。

Bisei

こちらも見てね!

no image

BLOG SNS WORKS 三十路、独身、デザイナー、男、飯。

2020/1/17

島人の誰もが熱く語るB級グルメ・石垣島のオニササ

「石垣島のB級グルメは?」と聞くと、「オニササ!」という人がほとんどだ。   オニササは好きなおにぎりとお惣菜をショーケースから選び、ビニールに入れ 合体させいただくスタイル、知念商会で販売されている。 小腹がすいたときに一人でも気軽に立ち寄れ、地元の人が通う日用雑貨と食品 の専門店、オニササは世代をこえて朝食、ランチ、夕食が購入できる。 しかもオニササは移動しながら片手で食べられる便利な携帯食。観光客を笑顔 にさせるB級グルメオニササは、忘れかけていた昭和を思い出させるおいしさ とぬくもり感が ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

2020/1/17

三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

「チャカ撃ちてえ」 そう思い、次の日に現嫁に言い、2016年末、気晴らしにフィリピンに来た。 都市はマニラのオルティガス。 近年、日本を含む多くの外資系企業が進出してきてるらしく、発展度合いが目覚ましい。 成長の空気を肌で感じる。 何か新しい刺激を得れられるかもしれない。 マニラは羽田から飛行機で5時間、寝て起きたら、あっという間に着く距離だった。 マニラの空港、ニノイ・アキノ国際空港は正直、発展途上国感満載で、 観光客をカモろうとする白タクや、ショットガンを携えた警備員など、 日本とは違う空気感に少々面 ...

BLOG SNS

2020/1/17

「男一人旅におすすめの国!30代からの一人海外旅行!」

男一人旅に行きたいけれど、どんな国がおすすめの海外旅行先かわからない。 そんな人のために、自分が行ったことのある国を中心におすすめを紹介していきます! 「男一人旅におすすめな国:タイ(バンコク)」 男一人旅にまずおすすめしたい国はタイです! タイはインドと中国に隣接している東南アジアの国です。 ・タイ(バンコク)男一人旅おすすめポイント タイにはショッピングモールで買い物や一人でも楽しむことができるグルメが満載です。 南国なのでフルーツが好きな方ならさらに楽しめるでしょう! ・タイでまず行くならバンコクか ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

2020/1/13

三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく ③

その②はこちら イタリアにツアーで行くと、ローマには行っても、その周辺の町に行くことはあまりない。 中には、ローマからは少し離れたチヴィタに行けるツアーもあるようだが、チヴィタは、天空の城ラピュタのモデルになったとも言われており、認知度が高まっているので、ツアーの日程に組み込まれるのも納得。 しかし、日本人があまり知らない街で、フォトジェニックな町や場所が、ローマ周辺には点在している。 今回は、ローマ周辺にある、あまり知られていない観光スポットを。 1.「Tivoli」ティボリ イタリアで最も美しい噴水庭 ...

BLOG

2020/1/13

有料note更新 [有料マガジン] 昨年頼まれた投資案件から2020年、僕的始めるべき副業、職業ベスト5

ども。 今回は、タイトル通り、今年一番伸びる、やるべき仕事ベスト5を実体験で書いていきます。自己啓発、そして周りに啓発も込めてです。 目次 1.そもそも論を考えろ 2.継続するためには努力と根性ではなく、継続 3.実際投資した、自分も始めたすぐ始められる2020、仕事or副業ベスト5 4.いやいやしかし…という人は絶対潰れていく、バカになれ。 5.手っ取り早く、やる方法、早い話が軽いチートを教えます 6.最後に、自分が自分で、いられる様にするには 僕はデザイナー業務をしているが、それだけと言うわけではない ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, SNS, 注意しない世間に出す、僕コラム
-

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.