Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG 注意しない世間に出す、僕コラム

人が持ってない、面白い経験の人が最近バズる。[経験は資産だ]




最近、どのようにしたら「原価がなく、売り上げを立てることが可能か?」という難題を考えている。

原価や在庫を抱える仕事しかしてない僕にしてみれば、ITのビジネスは本当に魅力に感じる。

仮想通貨とかもそうだ。

ただ、会社を立てる、別に個人でも構わないが、「どう言う風にしていけば、なんとなく最速で収入になるか?」を考えていた。

例えば青汁王子こと三崎優太氏。

彼がやったことはここでは略式するが、要は「フォロワーは資産」を地でやったようなものである。

逮捕という苦い経験→

この経験を伝えたい→

そのためにはまずフォロワーを増やす→人がやらない経験(焼き鳥屋、ED、ホストで2週間で8千万)をする、それを随時アップ→

9月5日の判決後、言いたいこと言う

さて、上記の流れで彼は今日現在、Instagramのフォロワーが100万人を突破した。

人々は単純に、「自分が経験していない事に同情し、そこのストーリーをとにかく褒め称える」ことは、皆さんも納得してるであろう。

Instagramのフォロワーが100万と言うと、ちょっとしたバズり方が半端ではない。

Instagramだけで食ってるモデルを知っているが、単純にここまでのレベルまでいくともはや「人生がアフィリエイト」になる。

言いたいことは、「人が経験していないこと」や、「自分の思想をどう広めるか」が、今一番のキーポイントであろう。

そうこうしてる時に、見たサイトがこれである。

街コンにかける男の魂の記録

なんやこれ。全国制覇しようとしてる…

なんてバカ臭いサイトなんだwと最初は思っていたが、単純にこれを見てて思ったのは、

「これはこれで僕も含め、人と違う経験をしているから、見てしまうのだろうな」

と言うことである。この微妙なダサさもなんとも。

オシャレすぎると、逆に見ないであろうなこういう記事は。

これも単純に言うと「人生アフィリエイト」に近いものである。

自分が経験したことを表現(サイト化)し、そこでなんらかで収益をあげると言うものである。

ただのサイトなら見ないであろう。単純にこの「街コン」と言う言葉が受けるのだ。なぜ今街コンなのか?wと思う。

今時のpairsや、Tinderみたいなマッチングアプリでは味わう事ができないのか?

僕は街コンというものに行ったことがないのだ。

そうなると、まずは読者を惹きつける。

残念ながら街コンCEOはTwitterのフォロワーこそ残念であるが、このサイトには潜在意識を感じる。

CEOになった流れを見ると、単純にわかりやすく書いてある。

其の1 街コンにて100人と深い関係になる。

其の2 LINEのやり取りを公開

其の3 記憶より記録に残す

其の4 セミナー・コンサルにて必勝法を伝授

これは男も女もそうだが、

その1、その2で読者を惹きつける

その3で記録

その4で収益化を測る

というものなのであろう。

よくこれをみて考えていると、一つの感覚が僕に見えてきた。

友人がああいう上述したマッチングアプリは、

「田舎に行けば行くほど誰もいない」

というネックがあり、

単純に田舎の方だといまだにアプリは嫌悪感を露骨に表す人がいたり、身バレしたりが大変だからだろう。

しかし街コンだと、女性には特に「友達と行ってみた」という、大義名分ができる。

いわゆるこの筆者であるCEOは「100人切り」大義名分に、自分が体験したことを表現し、ファンを集め、収益化しようとしてるのであろう。

読んでみると、全国、田舎で経験してることは、身近な人の座標になりやすい。

特に過疎化が含む田舎などには、県庁所在地で行われている街コンのレポであれば、ぜひみてみたい。というのが本音であり、このサイトをみる理由であろう。

僕は北陸の出身なので、この北陸レポをみてても、よく書かれてるな、と感心した。

あと僕ならば、例えば改善するとしたらもっと深く書くかな?

宿泊したホテル、そこまでの流れ、も書くかな。連れ込むにはどこが好立地だったか?この立地ではダメだった!とかも。

人間は、「くだらないな」と思うものをみてしまう習性があり、そこは実は「自分が経験していないから、くだらない」と、初見で思っているのであろう。

アフィリエイト、というと、どうしても最初怪しい強い印象しかないが、じっくり一度勉強してみると、実に奥が深い。

「人を惹きつける記事」を必ず書かなければいけないし、そこに対してファンをどう増やしていくか、また、そこに対して何かを訴え、提起しながら、いかに導入していくか。

この街コンCEOは、ぜひ街コンを突き詰めていただきたい。ただ、間違いなく法律に触れるようなことはダメだよ!

まあ何が言いたいかというと、

「人と違う経験をしていることは、それが財産、収益化になる」

と、最近感じている。

世界の風俗を行きまくり、それを記事にし、それだけで食べてる人や、逮捕されて、その獄中日記を記事にし収益をあげてる人。

北朝鮮に行った人とか。

男でも女でも、他人からみたらクソつまんないことでも、

「人が経験していないことをしてみよう」

を心がけ、それを表現したら100人に1人がその共感を得られるようにすれば、なんとなくだけどその分野で少しでもいけるんじゃないの?

というのが、最近感じたことである。

(こういうことはちょっとまとめて、有料の方で書きます)

頑張れ、街コンCEO!

(俺も海外で、スタッフに"Tinderで出会ってみた"、とかやらそうかな)



こちらも見てね!

no image

BLOG SNS WORKS 三十路、独身、デザイナー、男、飯。

2020/1/17

島人の誰もが熱く語るB級グルメ・石垣島のオニササ

「石垣島のB級グルメは?」と聞くと、「オニササ!」という人がほとんどだ。   オニササは好きなおにぎりとお惣菜をショーケースから選び、ビニールに入れ 合体させいただくスタイル、知念商会で販売されている。 小腹がすいたときに一人でも気軽に立ち寄れ、地元の人が通う日用雑貨と食品 の専門店、オニササは世代をこえて朝食、ランチ、夕食が購入できる。 しかもオニササは移動しながら片手で食べられる便利な携帯食。観光客を笑顔 にさせるB級グルメオニササは、忘れかけていた昭和を思い出させるおいしさ とぬくもり感が ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

2020/1/17

三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

「チャカ撃ちてえ」 そう思い、次の日に現嫁に言い、2016年末、気晴らしにフィリピンに来た。 都市はマニラのオルティガス。 近年、日本を含む多くの外資系企業が進出してきてるらしく、発展度合いが目覚ましい。 成長の空気を肌で感じる。 何か新しい刺激を得れられるかもしれない。 マニラは羽田から飛行機で5時間、寝て起きたら、あっという間に着く距離だった。 マニラの空港、ニノイ・アキノ国際空港は正直、発展途上国感満載で、 観光客をカモろうとする白タクや、ショットガンを携えた警備員など、 日本とは違う空気感に少々面 ...

BLOG SNS

2020/1/17

「男一人旅におすすめの国!30代からの一人海外旅行!」

男一人旅に行きたいけれど、どんな国がおすすめの海外旅行先かわからない。 そんな人のために、自分が行ったことのある国を中心におすすめを紹介していきます! 「男一人旅におすすめな国:タイ(バンコク)」 男一人旅にまずおすすめしたい国はタイです! タイはインドと中国に隣接している東南アジアの国です。 ・タイ(バンコク)男一人旅おすすめポイント タイにはショッピングモールで買い物や一人でも楽しむことができるグルメが満載です。 南国なのでフルーツが好きな方ならさらに楽しめるでしょう! ・タイでまず行くならバンコクか ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

2020/1/13

三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく ③

その②はこちら イタリアにツアーで行くと、ローマには行っても、その周辺の町に行くことはあまりない。 中には、ローマからは少し離れたチヴィタに行けるツアーもあるようだが、チヴィタは、天空の城ラピュタのモデルになったとも言われており、認知度が高まっているので、ツアーの日程に組み込まれるのも納得。 しかし、日本人があまり知らない街で、フォトジェニックな町や場所が、ローマ周辺には点在している。 今回は、ローマ周辺にある、あまり知られていない観光スポットを。 1.「Tivoli」ティボリ イタリアで最も美しい噴水庭 ...

BLOG

2020/1/13

有料note更新 [有料マガジン] 昨年頼まれた投資案件から2020年、僕的始めるべき副業、職業ベスト5

ども。 今回は、タイトル通り、今年一番伸びる、やるべき仕事ベスト5を実体験で書いていきます。自己啓発、そして周りに啓発も込めてです。 目次 1.そもそも論を考えろ 2.継続するためには努力と根性ではなく、継続 3.実際投資した、自分も始めたすぐ始められる2020、仕事or副業ベスト5 4.いやいやしかし…という人は絶対潰れていく、バカになれ。 5.手っ取り早く、やる方法、早い話が軽いチートを教えます 6.最後に、自分が自分で、いられる様にするには 僕はデザイナー業務をしているが、それだけと言うわけではない ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, 注意しない世間に出す、僕コラム
-, , , , ,

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.