Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。①




イタリアって、どんな国なんだろか。

自由で、楽しそうで、陽気で、きっと、日本とはかけ離れた世界なのだろう。

日本で時間に追われ働いて、イライラしながら東京を歩く人を見る度に、嫌になる。

そんなせわしい日本を離れ、観光でイタリアに行ってみたい気もする…

仕事でイタリア人と仕事するのは正直辛い。

と、いつも自由旅行でイタリアに行くことを断念していました。

そんな時、たまたま読んでいたエッセイに、僕の不安を払拭してくれるような内容が書いてあった。

「日本人が経営しているB&Bに泊まったので、一人でも安心して宿泊することが出来たし、追加料金が発生するが、申し込めば、現地を案内してくれる」

という内容だった。

B&Bとは、”Bed & Breakfast”の略で、宿泊代金でベッドと朝食を提供します。という宿泊施設のことらしい。

すぐにPCで検索してみると、数は少ないが、確かに存在していた。

観光案内、空港までの送迎、夕食をオプションで付けられるB&Bを発見した。

ここにしてみようか。と、候補を2つに絞ってみた。

 

1つ目は、"Club Kotobuki"

テルミに駅から43km離れており、公共交通機関で行く手段は無さそうな場所だった。しかし、ローマから距離はあるものの、booking.comでまさかの最高クラスの評価を得ているB&Bだ。送迎してくれるので、距離は問題なさそう。

 

2つ目は、"Villa chiara"(2018年に閉店)

これまたテルミニ駅から38kmという距離だが、公共交通機関で行けなくはない感じだった。

展示会、MIDO2016の終わりに、そのまま行けばいいや。

心の休養をば…と、どちらかのB&Bで5泊して、帰国して1日休みという日程を組んだ。

とりあえず、一番泊まってみたい方に電話で聞いてみようと思い、"Club Kotobuki"に電話をかけてみる。

「Pronto?(もしもし?)」

イタリア語だった。困っていると、察してくれて、日本人の方に代わってくれたのだが、休業中なので、申し訳ないけれど無理だと断られてしまった。

写真で見たところ、おしゃれでなかなか綺麗なB&Bだっただけに少しショックだった。

仕方がないので、2つ目の候補の"Villa chiara"に電話を掛けてみた。

「Pronto?(もしもし?)」

またイタリア人だった。当たり前だが。

英語で「英語分かりますか?」と聞いてみたが、イタリア語で返されたので、英語が通じないことを悟り、「japanese」と言ってみると、日本人の方に代わってくれた。

「電話で予約を取るお客さんは珍しい」

と、びっくりされる。

確かに。

この時の僕は、そこらじゅうかしこからなる国際電話にボケていたのかもしれない。

疲れていたんだ。

無事予約を取ることができ、観光案内をしてもらうオプションを申し込み、電話を切る。

ネットでイタリア語を調べて、ホテル予約の文言を書き写す。

僕の旅ブログ読者で、電話で予約したいという方はあまりいないとは思いますが、トリバゴや、Booking.comのサイトで予約することをお勧めします。



チェックインの時に覚えておくと便利なイタリア語。

 

1.チェックインお願いします

「Il check in per favore」(イル チェックイン ペルファボーレ)

これはチェックインだけでも通じますが、per favoreを付けると丁寧な言い方になりますので、付けるのが好ましいです。

 

2.パスポートを見せてください

「Il passaporto per favore」(イル パッサポルト ペルファボーレ)

この2つが分かれば、あとはだいたい毎回、何とかなります。

航空券はいつものスカイスキャナーで予約をし、乗り継ぎが心配だったので、成田から一本で行ける墜落と赤字で有名なアリタリア航空を予約し、そのまま展示会に寄る、最低限の荷物だけ持って家を出た。

・服
・財布
・携帯
・ユーロ
・Mac

以上。

準備にあまり時間が掛けられなかったという理由もあったが、余分な物を持たない方が、より良い現実逃避ができるんじゃないか?

と。

 

実際、必要最低限のものさえあれば何とかなってきたしな。

 

イタリア、ミラノまでは直行便を選んだ為、必然的に成田発になる。

 

いつものゴーゴーパーキングが空いていなかっので、仕方なし起きれる気もしなかったので、前日の夜に成田空港の近くのホテルに前泊。

 

宿泊費はだいたい7000円程度と、安くも高くもない。空港まではシャトルバスもあり、宿泊したら10日間駐車場無料。

 

成田はどこもこんな感じです。

 

当日、寝坊することなく、空港に。

 

イタリア1

 

ビールを飲み、起きたらそのままミラノ、マルペンサ空港に。

会場に直行し、そのままその時関係していたメガネのブランドの様子を伺い、デザイナーと次の話を決める。

ビールを飲み、起きたらそのままミラノ、マルペンサ空港に。

会場に直行し、そのままその時関係していたメガネのブランドの様子を伺い、デザイナーと次の話を決める。

仕事が終わり、少しミラノをぶらついてみようと思い立ち、会場を出て、辺りを見渡す。

一面野っ原という訳でもなかったが、とても観光という雰囲気では無い。

少しでもミラノを満喫しておきたかったのだが…。

そうだ、wi-fiが使える所で、少し調べてみよう。と思い、会場に逆戻り。

まず、ミラノの見所はどこなのか、そこに行くにあたって移動に差し支えない距離かを吟味しながら模索していく。

どうやら、ミラノの1番の見所は、”Duomo di Milano”(ミラノのドゥオーモ)らしい。

なるほど、最寄りの地下鉄駅の名前がDuomoになっているのはそのせいか。

正式名称は、”Duomo di Milano”なのだが、一般的にはドゥオーモと呼ばれているらしい。

早速、ドゥオーモを目指してBARBAIANAというバス停からMilanoMolino Dorino 行きのバスに乗り込む。

MilanoMolino Dorinoで下車し、徒歩で約2分の場所に位置する地下鉄”Molino Dorino”駅へ。

ドゥオーモに着くまで、14駅も乗り過ごさなければならないのかと思っていたが、乗っていた時間は20分ほどだった。

これが地下鉄”Duomo”駅

画像2

地下鉄駅の階段を上がった瞬間、目の前に広がった景色に、感動した。

画像3

画像4

広い広場に佇むドゥオーモは装飾が美しく、”ミラノのドゥオーモ”を名乗るのにふさわしい教会であると思えた。

中を見て見たいという気持ちもあったが、広場の広さに圧倒され、気がついたら広場を歩き回っていた。

このガラス張りのアーケードは、”Galleria Vittori Emanuele II”(ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア)というらしい。
アーケード内には、ショッピングモールが立ち並んでおり、高級ブランド店や、高級レストランが店を構えている。

画像5

画像6

画像7

天井はこうなっている。

もっとミラノを楽しみたかったが、思いの外疲れてしまったし、今日はホテルに帰ってゆっくり休もう。

そして次の日、僕の仕事の延長からの旅行が始まった。

何事もなく無事にフィウミチーノ国際空港(別名レオナルドダヴィンチ空港)に到着した。

B&Bのスタッフには、メールで到着時刻を知らせていたが、30分以上早めの到着だったので、時間を潰そうと考えながらスーツケースを取りに行く。

あ、そういえば場所聞いてないや。

集合場所も何も決めずに来てしまったので、相手も僕のことを見つけられないし、僕も相手を見つけられないんじゃないか?

仕方がないので、携帯から連絡を取ろうと試みる。

が、何故か繋がらず。3回挑戦してみたが、ダメだった。

この時、小銭がなかったので、自動販売機で怪しい色のジュースを買ったのだが、取り忘れていたことに気が付いて、取りに行くが、何故か取り出せず。取り出し口は完全にシャットアウトされていた。

「あ〜あ」と、思わず間抜けな独り言を漏らし、怪しい色のジュースは諦めた。

どうしようか考えながら到着ゲートに向かうと、スタッフの方は、僕を一発で見つけてくれた。

ジュースより相当俺が怪しかったのか。

その②に続く



 

こちらも見てね!

no image

BLOG SNS WORKS 三十路、独身、デザイナー、男、飯。

2020/1/17

島人の誰もが熱く語るB級グルメ・石垣島のオニササ

「石垣島のB級グルメは?」と聞くと、「オニササ!」という人がほとんどだ。   オニササは好きなおにぎりとお惣菜をショーケースから選び、ビニールに入れ 合体させいただくスタイル、知念商会で販売されている。 小腹がすいたときに一人でも気軽に立ち寄れ、地元の人が通う日用雑貨と食品 の専門店、オニササは世代をこえて朝食、ランチ、夕食が購入できる。 しかもオニササは移動しながら片手で食べられる便利な携帯食。観光客を笑顔 にさせるB級グルメオニササは、忘れかけていた昭和を思い出させるおいしさ とぬくもり感が ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

2020/1/17

三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

「チャカ撃ちてえ」 そう思い、次の日に現嫁に言い、2016年末、気晴らしにフィリピンに来た。 都市はマニラのオルティガス。 近年、日本を含む多くの外資系企業が進出してきてるらしく、発展度合いが目覚ましい。 成長の空気を肌で感じる。 何か新しい刺激を得れられるかもしれない。 マニラは羽田から飛行機で5時間、寝て起きたら、あっという間に着く距離だった。 マニラの空港、ニノイ・アキノ国際空港は正直、発展途上国感満載で、 観光客をカモろうとする白タクや、ショットガンを携えた警備員など、 日本とは違う空気感に少々面 ...

BLOG SNS

2020/1/17

「男一人旅におすすめの国!30代からの一人海外旅行!」

男一人旅に行きたいけれど、どんな国がおすすめの海外旅行先かわからない。 そんな人のために、自分が行ったことのある国を中心におすすめを紹介していきます! 「男一人旅におすすめな国:タイ(バンコク)」 男一人旅にまずおすすめしたい国はタイです! タイはインドと中国に隣接している東南アジアの国です。 ・タイ(バンコク)男一人旅おすすめポイント タイにはショッピングモールで買い物や一人でも楽しむことができるグルメが満載です。 南国なのでフルーツが好きな方ならさらに楽しめるでしょう! ・タイでまず行くならバンコクか ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

2020/1/13

三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく ③

その②はこちら イタリアにツアーで行くと、ローマには行っても、その周辺の町に行くことはあまりない。 中には、ローマからは少し離れたチヴィタに行けるツアーもあるようだが、チヴィタは、天空の城ラピュタのモデルになったとも言われており、認知度が高まっているので、ツアーの日程に組み込まれるのも納得。 しかし、日本人があまり知らない街で、フォトジェニックな町や場所が、ローマ周辺には点在している。 今回は、ローマ周辺にある、あまり知られていない観光スポットを。 1.「Tivoli」ティボリ イタリアで最も美しい噴水庭 ...

BLOG

2020/1/13

有料note更新 [有料マガジン] 昨年頼まれた投資案件から2020年、僕的始めるべき副業、職業ベスト5

ども。 今回は、タイトル通り、今年一番伸びる、やるべき仕事ベスト5を実体験で書いていきます。自己啓発、そして周りに啓発も込めてです。 目次 1.そもそも論を考えろ 2.継続するためには努力と根性ではなく、継続 3.実際投資した、自分も始めたすぐ始められる2020、仕事or副業ベスト5 4.いやいやしかし…という人は絶対潰れていく、バカになれ。 5.手っ取り早く、やる方法、早い話が軽いチートを教えます 6.最後に、自分が自分で、いられる様にするには 僕はデザイナー業務をしているが、それだけと言うわけではない ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, SNS, 三十路独身男一人旅(海外編), 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.