Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。⑤



④はこちら

 

水の都、ヴェネチア。

 

地図で確認したことはないけど、きっと、長靴ブーツのローマより北のどこかに、運河が流れている土地があって、そこに街がある。みたいな感じだろう。

ぐらいに思いながら、Trenitaliaの一番ランクの低いスタンダードの座席で気持ちよく眠っていた。

目を覚まして、ふと窓の外の景色を眺めると、目の前に広がっていたのは海だった。

 

「あぁ…船に乗ったんだったっけ…」

 

いや、船には乗っていない。ずっと国鉄のTrenitaliaに乗りっぱなしだったはずだ。

 

「海の上を走ってる…」

 

顔は平然を装っていたが、気持ちが高揚していた。

 

いつも同じようなことの繰り返し、どこに行っても、何をしていても、真新しいことはなく、平凡な景色。行ったことのない場所に行ってみても、感じる既視感。

 

ここ、あそこと似てるな。日本でもこんな感じの建物あるな。なんて思ったりして、勝手にがっかりしている。普段の自分はあれだけ冷めていたのに、車窓からの景色だけでこんなにいいとは…。

 

恐るべし、ヴェネチア。

 

電車が止まり、ホームに降り立って線路を覗き込む。

 

ここは陸地なのか…。

 

と、子供みたいなことをしている自分が可笑しかった。

 

駅から一歩外に出ると、太陽の光が水面に反射して眩しかった。

 

とりあえず、ホテルにチェックインしようと、歩き出す。

 

今回のホテルは、3つ星のホテルなのに1万円以下で予約することができた。平日だというだけで、1万円弱安く泊まることができるとは思わなかった。

 

早速チェックインして、ホテルマンが荷物を部屋まで運んでくれた。

 

「ごゆっくり」

 

そう言われるがままに部屋に入った瞬間、驚いた。

画像1

本当に1万円未満なのか?と思わせる室内だ。おいおいNYCのthe pearlを思わせる内装…

 

昼食は駅の構内にあるパン屋で簡単に済ませたので、少し散策してみることにした。

 

ヴェネチアは、街中に水路があり、ゴンドラがそこかしこにぷかぷか浮いている。

画像2

ビニールシートがかかっているゴンドラは、きっと個人宅のものだろう。

 

ゴンドラや水上バスでしか移動できないのかと思っていたが、案外そんなことはなく、水路に掛かった小さい橋があったりするため、向こう岸に渡れずに困ることはなかった。

 

それにしても、道が迷路のように入り組んでいて、地図を見ていても迷いそうになる。

 

細い道がいくつもあったり、枝分かれしていたり。

 

だが、その路地裏の細い道が、怪しくも魅力的だった。

画像3

画像4

知らぬ間に日が落ちてきて、小腹も空いてきた。

 

夕食はどこで食べようか。

 

いつも、僕が飲食店を探すときに気にしていることは、「地元民の常連がいるような美味しい店」だ。

 

でも、そんなのは口コミを見ただけではわからないことが多い。

 

実際に、店に入ってみなければ分からないのだ。

 

とりあえず、Googleマップで現在地情報を元に、美味しそうな店をピックアップしてみる。僕のやり方は、トリップアドバイザーで地元民の口コミ。

 

最悪、と言うか一番手っ取り早いのは、ホテルの受付、もしくはドアマンに「いつもどこ行ってる?」と聞く。これはハズレはない。

 

現在地から徒歩10分県内で1件、ホテルから徒歩10〜15分圏内で1件、めぼしい

店が見つかった。

 

まず、現在地から近い方へ。

 

”Osteria antico Dolo”

画像5

店内をのぞいてみると、中は満席だった。

 

「8時ぐらいまで待ってくれれば空くと思うよ」と、店員に言われたが、席が空く保証もない。

 

諦めて、次の候補に行ってみることにした。

 

Googleマップで経路を調べてみると、ここから店までは約15分かかるらしい。

 

なんとかしてようやく辿り着いた頃には、辺りは真っ暗になっていた。

 

”Osteria al Vecio Pozzo”

画像6

ホッとするような灯りだ。

 

中に入ると、ほぼ満席だった。またかよ。

 

すぐに店員が来て、人数を聞きに来た。

 

一人だと答えて、「Vuolio mangiare Fuori」(外で食べたい)と言うと。

 

意表を突かれたような顔をしていた。

 

イタリア人は、みんな外の開放的な席に座りたがるものなのだが、ヴェネチアは違うのだろうか。単純に遅い時間だからかもしれない。

 

ヴェネチアといえばシーフードだが、何故かシーフードを食べる気にはなれなかった。

 

結局、なんの変哲もないフンギのピッツァと、スープパスタを頼んでしまった。

画像7

まぁ、でもなかなか美味しかった。

 

ピッツァは、ローマ風でもナポリ風でもなく、中間ぐらいのものだった。

 

ローマピッツァは、全体的に薄くて耳がパリパリな生地で、ナポリは分厚くてモチモチの

ピッツァなのだが、ヴェネチアはそのどちらでもない。この店だけかもしれないが…

 

このスープパスタは、不思議な味がした気がするが、料理が来た頃には既に酔っ払っていたので、あまり記憶にない。

 

ワインを飲み過ぎたか…

 

イタリアのワインは安いし美味すぎてつい飲みすぎてしまう。

 

気を付けなければ…

 

会計を済ませて、ホテルまで歩いた。

 

部屋に戻って一息吐いてからシャワーを浴びて、その日は死んだように寝た。

 

翌朝、溜まった洗濯物をコインランドリーで洗濯・乾燥してからホテルを出ようと思い、6時にホテルを出て、コインランドリーに向かった。

 

コインランドリーまでは、歩いて約25分ぐらいだった。

 

昨日無駄に歩き回ったおかげで、迷わずにコインランドリーまで行くことが出来た。

 

コインランドリーは8kgまでが6ユーロ、12kgまでが7ユーロ。

 

乾燥は、30分では乾ききらず、1時間乾燥させた。

 

ホテルに帰って、洗濯物を片付けてから、フロントに荷物を預けてチェックアウトした。

 

そういえば、まだ水上バスに乗ってないな。

 

せっかくだし、一度は乗ってみたい。

 

近くに水上バスの乗車券を売っている窓口があったので、そこで1回券を買った。

ちなみに、値段は

・1回券   7.5ユーロ

・24時間券 20ユーロ

・48時間券 30ユーロ

・72時間券 40ユーロ

・1週間券  60ユーロ  

となっている。

画像8

中はこんな感じ。

 

何も予定がなくてのんびり出来る時だったら、1周してもいいかもなと思う。

 

日産の車の由縁のムラーノ島にも行ってみたかったけど、そこまで時間の余裕がなかった。

 

次に来るときは、もっとゆったりしたいな…

画像9

ただ、ヴェネチア基本、イタリアのくせに何もかもが高えよ。

 

と思いながらサンタ・ルチア駅に戻ってきた。

 

⑥に続く



こちらも見てね!

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/27

僕の車歴 21 シトロエン C4 ピカソ 2009

  僕の車歴 21 シトロエン C4 ピカソ 2009 アウディとの入れ替えで入りました。6EGSのモケットシートです。 自分の中では最高の一台ですね、サイズ、燃費、中、全てにおいて。 キーレスじゃないところくらい。 熊本震災で潰れた親戚の家に行きました。  

BLOG SNS WORKS

2020/2/26

アシスタント募集

アシスタントここで募集したらきますかね。 条件お話しします。 服、メガネに興味ある人、将来デザイナーや企画に興味ある人。 全般最速で習えます。 トップにある問い合わせ先のどれかまでぜひ。 (英語できると良、できなくても可)    

BLOG SNS うつ病かな、と思ったら読む話 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/2/25

うつ病かな、と思ったら読む話 人生復活せよ ① ~落ちるとこまで落ちたらいい。~

これは、事実体験談を下に書いているので、心当たりがある方に読んで欲しい。 僕は2015年、交通事故と、仲間の裏切りにより非常に落ち込み、ダメージを受けた。 そこで、自分がどう今までに復活して行ったか、自分流の荒療治、とまでは行かなくても、自分の「うつ病の直し方」をここに書いていこうと思う。 僕がうつ病になった原因因子の一つが金だ。と言うか、事故で失った左足以外で原因となるのはそれだ。要は「金」か「体」「家」と、大体この3つでははないかと思う。 まず、金がない。 金が、とことんない。 1億近くあった個人口座 ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/25

僕の車歴 20 アウディQ7 2008

僕の車歴 20 アウディQ7 2008 当時330万でなんとヤフオクで買いました。 3列欲しいな、と思って買いましたが、出したことは1回だけ。 この年代のアウディには珍しいキーレス、サンルーフ付き。 引っ越した時、その家の前に入らなくて交換的に売却…色は白。 トゥアレグの方が…  

BLOG SNS WORKS

2020/2/23

MIDO 2020 延期発表

楽しみにしていたメガネの展示会、イタリアのMIDOが中止(延期)になりました。 当然と言えば当然の結果ではあるかもですが、今年MIDOは50周年なので、大きくやるためにも控えたいのは少し見習うべきでは。 と言いつつも、そこまでにかけた金を切る勇気はなかなかすごいなあ。

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, SNS, 三十路独身男一人旅(海外編), 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.