Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG SNS WORKS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。③



②はこちら

今まで、マニラ周辺を回っていたが、今回は少し遠出をしてみる事にした。

いつものように便利な Grabでタクシーを呼び目的地に向かう。

向かう先は「Treasure Mountain」

今までのように栄えた場所ではなく、自然豊かな観光スポットだ。

ここはプールやバーベキューもあり、キャンプにはうってつけの場所だという。

都会の空気ばかり吸っていても面白くないと思い、たまには気晴らしに思いっきり深呼吸でもしたくなったのだ。

しかし今回、かなりの遠出である。

タクシーで1時間半もかかるらしく、正直暇な部分もあるが、一体どんな景色が待っているのか楽しみで仕方がなかった。

走らせる事30分、辺りはすっかり変貌していた。

ビルなど一切ない。

急ごしらえのような掘立小屋と、崩れかけの屋台、よく旅番組などで見る、ジャングル付近の集落にそっくりだった。

子供達は皆半裸で、靴を履いてる子の方が少ない。

風景が今まで見てきたフィリピンの中で、ダントツ原始的だが、それよりも驚いたのが、道路の無法地帯感だった。

今まで Grabを利用したタクシーは乗り心地もよく、且つオルティガスという整備された道路を走っていた為、何不自由なく乗れていたが

いざ、オルティガスを離れてみると車移動の厳しさを痛感させられた。

まず、車の密度が高い。

日本の渋滞など目ではないくらい、車が道路に密集している。

車だけならまだしも、自転車やスクーターなどが間を縫って走り抜ける為、日本人が運転するとほぼ確実に事故を起こすだろう。

また、急な割り込みや急停止など当たり前なので、まるで遊園地のアトラクションに乗っているかのような感覚に陥る。

三半規管が弱い人は、ほぼ間違いなく酔うだろう。僕は自分で運転するのはいいが、人に運転に酔うタイプなので大変だ。

そんなアトラクションのような車内をやり過ごし、ついに目的地に到着した。

舗装が全くされてない山道を駆け上がり、山の頂上目指して進む。

これまたジェットコースターでも味わった事のない揺れを経験し、開けた場所についた。

車を降りる。

1時間半ぶりに伸びをし、空気を吸い込む。

フィリピンに来て以来、初めて、綺麗な空気を吸い込めた気がした。

この壮観な景色…

フィリピン マニラ part3

フィリピン マニラ part3

フィリピン マニラ part3

ちょうど雨上がりという事もあり、偶然にも虹を見る事ができた。

フィリピン マニラ part3

都会の進んだ街並みも良いが、やはり、こういった自然に触れるのも良いものである。

早速、この山を散策しようと歩き始めたが、少し尿意を感じ、トイレに入る。

おそらく、日本人がフィリピンに来て1番最初に感じる困惑が、トイレに関する事だと思う。

フィリピンは、まだ下水が発達していない為、トイレットペーパーを便器に流す事はできない。

もし気にせず流し続けようもんなら、いつか詰まらせ、もれなく自分の出したものを自分で掃除する羽目になるだろう。

では、どうするかというと、至極簡単で、個室にあるごみ箱に捨てるのである。台湾とかもこんな感じだったな。

汚いものは、即効、水に流してしまえる日本とは違い、こちらでは、近くのゴミ箱に捨てなければいけないため、綺麗好きな人にとっては苦行であろう。

しかし、ここは海外。

ある程度の順応性は必要であろう。

今回、僕はある程度フィリピンのトイレは経験し、慣れたつもりだったが、この山にあるトイレは、また都市のトイレとは違った仕組みであった。

日本と違うとはいえ、フィリピンも便器の水を流す事はできる。

しかし、用を足し終えた私は、ここにきて水を流せるレバーがどこにもない事に気付いた。

これは大変困る。何故なら今自分が出したものがそのまま、残っているのである。

一体どうしたものかと辺りを見渡すと、個室に水を溜めた大きな桶がある事に気付く。

ずっと手を洗うようかなと思っていたが、ふと思い立ち、その水を便器に流し込んでみた。

私の予想が外れていたら、私の汚物もろとも水があふれだすことになるが、運よく私の予想通り、水は汚れた水を奥深くへと追いやってくれた。

このトイレのように、新たな水を流し込むことにより、今まであった水を奥の下水に流しこむつくりのトイレもあるという事を知る事ができた。

さて、汚い話はここまでにして、早速あたりを散策する事にする。

散策といっても辺りは綺麗な景色があるだけだが、それでも、やはり眼福だった。

フィリピン マニラ part3

あと、この山頂のスポットには、軽い食事どころがあるそうで、

150ペソ(約300円)で食事が食べられるという。

その食事を楽しむのもいいが、今回は行ってみたい店があった為、断念する。

一通り景色を堪能した後、その店に向かってまたタクシーに乗り込む。

身体が宙に浮くほどの揺れは相変わらずすごかったが、何とか山道を下り、

その件のレストランに向かう。

山頂から、20分程度で着いたそのレストランは、これまた良い景色だった。

フィリピン マニラ part3

フィリピン マニラ part3

知り合いにおススメのお店として紹介されていたので、早速入り、ご飯を食べる。

正直、そんなにおいしいとは思えなかったが、フィリピンの家庭料理を味わえて満足であった。

腹も満たすことができ、綺麗な景色も堪能できた為、帰路につく事にする。

今回、色々な発見があった。

フィリピンの栄えていないところのリアル。

山での用の足し方等。

確かに不便だが、その中にも工夫を感じる事ができる為、しみじみ良い経験だった。

④に続く



こちらも見てね!

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/27

僕の車歴 21 シトロエン C4 ピカソ 2009

  僕の車歴 21 シトロエン C4 ピカソ 2009 アウディとの入れ替えで入りました。6EGSのモケットシートです。 自分の中では最高の一台ですね、サイズ、燃費、中、全てにおいて。 キーレスじゃないところくらい。 熊本震災で潰れた親戚の家に行きました。  

BLOG SNS WORKS

2020/2/26

アシスタント募集

アシスタントここで募集したらきますかね。 条件お話しします。 服、メガネに興味ある人、将来デザイナーや企画に興味ある人。 全般最速で習えます。 トップにある問い合わせ先のどれかまでぜひ。 (英語できると良、できなくても可)    

BLOG SNS うつ病かな、と思ったら読む話 注意しない世間に出す、僕コラム

2020/2/25

うつ病かな、と思ったら読む話 人生復活せよ ① ~落ちるとこまで落ちたらいい。~

これは、事実体験談を下に書いているので、心当たりがある方に読んで欲しい。 僕は2015年、交通事故と、仲間の裏切りにより非常に落ち込み、ダメージを受けた。 そこで、自分がどう今までに復活して行ったか、自分流の荒療治、とまでは行かなくても、自分の「うつ病の直し方」をここに書いていこうと思う。 僕がうつ病になった原因因子の一つが金だ。と言うか、事故で失った左足以外で原因となるのはそれだ。要は「金」か「体」「家」と、大体この3つでははないかと思う。 まず、金がない。 金が、とことんない。 1億近くあった個人口座 ...

BLOG SNS 僕の車歴

2020/2/25

僕の車歴 20 アウディQ7 2008

僕の車歴 20 アウディQ7 2008 当時330万でなんとヤフオクで買いました。 3列欲しいな、と思って買いましたが、出したことは1回だけ。 この年代のアウディには珍しいキーレス、サンルーフ付き。 引っ越した時、その家の前に入らなくて交換的に売却…色は白。 トゥアレグの方が…  

BLOG SNS WORKS

2020/2/23

MIDO 2020 延期発表

楽しみにしていたメガネの展示会、イタリアのMIDOが中止(延期)になりました。 当然と言えば当然の結果ではあるかもですが、今年MIDOは50周年なので、大きくやるためにも控えたいのは少し見習うべきでは。 と言いつつも、そこまでにかけた金を切る勇気はなかなかすごいなあ。

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, SNS, WORKS, 三十路独身男一人旅(海外編), 三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.