Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

Bisei Iwamoto Blog & Designe Site

BLOG 注意しない世間に出す、僕コラム

「障害者になった」という観点からわかる事

さる2017年5月17日。

 

 

 

 

私は山手通りでバイクに乗っていたが、車でひき逃げに会い、その日から障害者になった。(現在も係争中)

 

左下肢麻痺。

 

何かの祟りだろうか。本日お祓いに行ったが。

 

というわけで、私は杖と、左足首を固定する装具が手放せなくなってしまった。

 

漫画家、サシダユキヒロ氏も同じ運命を辿っている。心から共感させていただく。

 

ひき逃げ許すまじ!(私の犯人は、昭島の某娯楽遊技場の社長だ。この人も池袋で起こった凄惨な事件と同じ、どこかのお偉いさんのように逮捕されず、任意だった。そのため、長びいている)

 

さて、私の障害者手帳の等級は6級2種。これでも正直低いと、言われるし自分ですら感じる。

 

障害者になって、わかったことを書く。

 

・いくら杖を突いて電車に乗ろうが、かなりの確率で優先席に健常者が座っていて座れない

 

これは心から感じる。僕がまだ普通な体の時には、確かに意識しなかったが、座らないように心がけていたものだ。だいたいスーツを着たリーマンが多い。疲れているのはもちろんわかるが、見えてないふりはしないでほしい。

 

・タクシー、電車、飛行機などの公共交通機関が安くなる

 

これは大変ありがたい。特に私はまだ転ぶと骨盤が大破する可能性があるため、満員電車で前述したように座れないとかなり危険。そのため、タクシーを重宝する。しかし、タクシーでもこれを利用し悪用する輩が増えているらしい。運転手さんに聞いた話だが、障害者手帳を提示しても、「あ、いいですよ」と確認しない運転手さんがいるのだが、その人は確認する人で、提示をお願いしたらその人が渋って、提示を再度お願いしたところ、顔が別人の全く違う人の障害者手帳だったことがあり、警察にそのまま連れて行ったらしい。盗人猛々しい。

 

・日本より、海外の方が(主にユーロ圏)、障害者には優しい

 

Uberの運転手さんも、観光の場所も、電車も、展示会も、かなり優しくしてくれる。よく考えたり調べたら、やはりユーロ圏はかなりのそういう教え、また社会福祉も充実してる。これはもう致し方ない事実だ。

 

・正直に、「障害者だから」と行って人生甘くはならない

 

「障害者だから、優遇されているんでしょう?」という人がいる。

 

例えば僕が、その昭島の、潰れかけのパチンコ屋の社長のなんちゃら海上という保険屋さんから、多額の示談金、賠償金を受け取っていたなら、少しはこの言葉はわかる。だが、いまだに一円ももらって無いし、なんなら経営はこの事故のおかげでいっときマジで傾いたし、今更勤めろと言われても、何をしていいのかさえわからなくなる。これは後述することに続くが、障害者になったからどうだ?ということは無い。障害者は障害者、この字の通り人生にも障害が発生している。決して人生チートなどでは無い。

 

・そもそも、いまだに「自分が障害者」を受け入れられない

 

正直、これが一番辛い。「自分は障害者だ」ということをメンタルが受け入れないのだ。このおかげで私は、慶應病院の精神科の門を叩くことに。さしあたって適応障害。

 

どーでもいいわ病名なんて。

 

マインドフルネスをうまく活用している。

 

「過去を考えると後悔をする、未来を考えると不安を思う。今を考えて、今を生きよ。」

 

こちらも見てね!

no image

BLOG SNS WORKS 三十路、独身、デザイナー、男、飯。

2020/1/17

島人の誰もが熱く語るB級グルメ・石垣島のオニササ

「石垣島のB級グルメは?」と聞くと、「オニササ!」という人がほとんどだ。   オニササは好きなおにぎりとお惣菜をショーケースから選び、ビニールに入れ 合体させいただくスタイル、知念商会で販売されている。 小腹がすいたときに一人でも気軽に立ち寄れ、地元の人が通う日用雑貨と食品 の専門店、オニササは世代をこえて朝食、ランチ、夕食が購入できる。 しかもオニササは移動しながら片手で食べられる便利な携帯食。観光客を笑顔 にさせるB級グルメオニササは、忘れかけていた昭和を思い出させるおいしさ とぬくもり感が ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

2020/1/17

三十路男一人旅、ストレスから銃を撃ちにフィリピンにいく。

「チャカ撃ちてえ」 そう思い、次の日に現嫁に言い、2016年末、気晴らしにフィリピンに来た。 都市はマニラのオルティガス。 近年、日本を含む多くの外資系企業が進出してきてるらしく、発展度合いが目覚ましい。 成長の空気を肌で感じる。 何か新しい刺激を得れられるかもしれない。 マニラは羽田から飛行機で5時間、寝て起きたら、あっという間に着く距離だった。 マニラの空港、ニノイ・アキノ国際空港は正直、発展途上国感満載で、 観光客をカモろうとする白タクや、ショットガンを携えた警備員など、 日本とは違う空気感に少々面 ...

BLOG SNS

2020/1/17

「男一人旅におすすめの国!30代からの一人海外旅行!」

男一人旅に行きたいけれど、どんな国がおすすめの海外旅行先かわからない。 そんな人のために、自分が行ったことのある国を中心におすすめを紹介していきます! 「男一人旅におすすめな国:タイ(バンコク)」 男一人旅にまずおすすめしたい国はタイです! タイはインドと中国に隣接している東南アジアの国です。 ・タイ(バンコク)男一人旅おすすめポイント タイにはショッピングモールで買い物や一人でも楽しむことができるグルメが満載です。 南国なのでフルーツが好きな方ならさらに楽しめるでしょう! ・タイでまず行くならバンコクか ...

BLOG SNS 三十路独身男一人旅(海外編) 三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく。

2020/1/13

三十路男一人旅、仕事をサボりイタリアをぶらつく ③

その②はこちら イタリアにツアーで行くと、ローマには行っても、その周辺の町に行くことはあまりない。 中には、ローマからは少し離れたチヴィタに行けるツアーもあるようだが、チヴィタは、天空の城ラピュタのモデルになったとも言われており、認知度が高まっているので、ツアーの日程に組み込まれるのも納得。 しかし、日本人があまり知らない街で、フォトジェニックな町や場所が、ローマ周辺には点在している。 今回は、ローマ周辺にある、あまり知られていない観光スポットを。 1.「Tivoli」ティボリ イタリアで最も美しい噴水庭 ...

BLOG

2020/1/13

有料note更新 [有料マガジン] 昨年頼まれた投資案件から2020年、僕的始めるべき副業、職業ベスト5

ども。 今回は、タイトル通り、今年一番伸びる、やるべき仕事ベスト5を実体験で書いていきます。自己啓発、そして周りに啓発も込めてです。 目次 1.そもそも論を考えろ 2.継続するためには努力と根性ではなく、継続 3.実際投資した、自分も始めたすぐ始められる2020、仕事or副業ベスト5 4.いやいやしかし…という人は絶対潰れていく、バカになれ。 5.手っ取り早く、やる方法、早い話が軽いチートを教えます 6.最後に、自分が自分で、いられる様にするには 僕はデザイナー業務をしているが、それだけと言うわけではない ...

  • この記事を書いた人

Bisei

メガネ、サングラスと服のデザイナーを、日本、ロンドンでしています。 最近パリ、NYCでもやることが増えました。 人生山あり谷あり、生きてるだけでネタ。

-BLOG, 注意しない世間に出す、僕コラム
-

Copyright© Bisei Iwamoto Blog & Designe Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.